ホーム冬の必携品サンラメラ 1200W
商品詳細

サンラメラ 1200W

販売価格: 98,000円 (税別)
[在庫あり]
希望小売価格: 134,400円
数量:
サンラメラとは・・・

 サンラメラが目指したのは ”日だまりの心地よさ。
 あなたが心地よいと感じる時・・・
 それはエアコンを付けている時でもコタツに入っている時でもなく、冬の晴れた日、窓際での日向ぼっこ をしている時。
 体の芯まで暖かくなる、あの柔らかな暖かさを実現しました。
 冬の寒い日、高層ビルに挟まれた日陰の道路を歩いていると首筋と肩の筋肉はこわばり、カラダが硬直状態になってきて自然と足早になってきます。
 寒い寒いと言いながら、ふと ”日向” に出ると、一気に体全体の ”こわばり” が消えて楽になるのが分かります。 ポカポカとします。
 日陰にいた時と気温は同じ なのにまるで違う、この心地よい感覚を、 サンラメラは風のない部屋の中で実現します。
 この上なく心地よいことは想像できるでしょう。
 サンラメラは輻射熱※で、お部屋はもちろんのこと、体全体をポカポカ直接暖めます。
 サンラメラから放射される遠赤外線は、窓ガラス越しに太陽光線を浴びるのと同じ効果があり、体の中まで浸透し暖めます。

※輻射熱とは、まさに日だまりの中で感じるポカポカした暖かさを実現する秘密。 柔らかく全体を包み込むような熱のことを輻射熱と言います。

 普通の暖房器具は、熱の発生源である方向しか暖かくならないので、例えば体の正面を暖めている時には背中は寒くなり、その温度差が逆に寒さを感じさせたり、自律神経のバランスを崩したり、ともかく快適とは言えない状態になります。
 これに対して、輻射熱であれば、全身を包み込むように、前後上下左右、全方向から暖めることができます。
 そのため、比較的低い温度であっても体全体がポカポカしてくるのです。
 輻射熱は風ではありませんので、もともとあなたの体の周りにある”暖かい空気"を吹き飛ばすことはありません。 また、生暖かい温風によるあのイヤ〜な感じもありません。

 従来の暖房(対流式)は、 天井付近は暑く、 足元は寒いです。
 サンラメラ(輻射式暖房)は、部屋中快適な 温度でポカポカです。
 これまでの暖房器具は室内の空気を暖める対流式。 ですから、 ダニやホコリ、カビを舞い上げます。

タンスの上などにあるホコリの、 「口や鼻の大きさ分」 くらいは寝ている間に吸い込んでいます。サンラメラは風で熱を伝えるわけではないので、ダニやホコリ、カビを舞い上げることはありません。
  空気を暖める対流式暖房器具ですと、暖かい空気は上に昇っていくため、「部屋の上の方は頭がボンヤリとするほど暖かいのに、足元は暖房していても関係なしに冷える」 という状況になります。
  遠赤外線が放射されるサンラメラの輻射式暖房では、体を直接暖めると同時に、壁や床の表面温度が高まり、暖められた壁や床が熱を放射することで、部屋中を均一に暖めます。

 サンラメラで暖房すれば床が20℃であれば天井も20℃、壁も20℃になります。
  これまでの対流式暖房器具では、どうしても暖かい空気が上に行ってしまうのですが、サンラメラはこれを打ち破り 、頭も足元も関係なく快適な暖房を実現します。
 コタツや電気カーペットなどとの併用が不要になります。
  薄さが違うから、これまでのように場所の確保に困りません。

森林浴のような心地よさ

 サンラメラは大量のマイナスイオンを放出します。 このマイナスイオンにより森林浴のような心地よさの中で過ごしていただけます。

強力血管マッサージ

 サンラメラの遠赤外線は1分間に2500回の血管マッサージ! 温熱治療に使え、健康にまっしぐら!
  電源を切っても身体に残る暖かさが違います。サンラメラは電源を切っても暖かさが持続します。 これは体の芯まで暖まったからです。 サンラメラは使用電力を少なくしているにも関わらず、暖かさが持続しています。


空気を汚さない

 ストーブやファンヒーターは燃焼式なので、空気を汚したり余分な水分が出たりして、換気が必要になります。
  サンラメラは輻射熱をを放出する太陽と同じ暖房方式ですから、換気が不要で、余分な水分も放出しません 。
  また、温風方式と異なり、ダニやホコリ、カビを舞い上げることもありませんから、アトピー性皮膚炎や気管支の弱い方にも安心してお使いいただけます。


無音、無臭で快適

 サンラメラは、エアコンやファンヒーターのような嫌な音はしません。 ですから、夜中に音が気になって眠れないということはありません。(光も発生しません)
  サンラメラは運転中も一切ニオイがしません。逆にサンラメラから発生するマイナスイオンがイヤなニオイを除去してくれますので、お部屋はいつでも快適空間です。
  今般、電気ストーブから発生した化学物質により化学物質過敏症になったと主張する利用者に対して、販売店に賠償を命じる判決がございました。
  電気ストーブ等の赤熱・発光方式の暖房機はサンラメラに比べて表面温度が格段に高くなるため、製品に使用する塗料から有害物質が出た可能性も考えられます。
  サンラメラにつきましては、発熱板自体が塗料等を揮発するほどの高温になることはなく、また、発熱板を含む部分に使用している金属枠には塗装をしておりません。外部筐体には塗装しておりますが、これは手で触れても大丈夫な温度までしか上昇いたしませんので、化学物質が揮発することはございません.

 なお、出荷直後の製品や、シーズンイン直後に久しぶりにご利用になられる場合、数時間〜2日程度匂いがする場合があるのですが、これは発熱板表面のホコリが焼けた時に発生する匂いでして、化学物質ではございませんので安心してご利用ください。

火災の心配がない

 サンラメラは輻射熱を利用した全く新しい暖房機ですので、カーテンなどが触れても燃えません 。しかも前面のセーフガードは手で触れてもヤケドをしない安全設計。( 表面温度は38℃ですので、赤ちゃんがおられるご家庭でも安心)

 地震などで倒れたり、誤って上部にカーテンやタオルなどがかかっても、安全装置が働くので火災の心配がありませんから、小さいお子さんやお年寄りのお部屋でも安心です。 (冬に起こった阪神・淡路大震災での火災の原因はストーブの火気です。 サンラメラが原因で起こった火事はございません。) ※ティッシュが挟まっていても燃えません。※電源が自動的に止まります。


パネルヒーターやオイルヒーターより断然パワフル

  同じ1200Wなら、オイルヒーターやパネルヒーターで暖められる部屋は4.5畳〜8畳なのに対し、サンラメラは12畳〜14畳の部屋を暖めることができます。
  1200Wのオイルヒーターと比べるとサンラメラ600型のほうがパワーは 確実に大きいのですが、消費電力はかなり少なくなります。

ロングセラーの秘密は「遠赤外線」

  サンラメラがなぜ昭和46年の発売以来、30年以上にわたり、数多くのお客様に支持されてきたのか? それはサンラメラが3〜20ミクロンという遠赤外線を出す暖房器具だからです。
 遠赤外線というのは、太陽光線のうちの波長が3〜1000ミクロンまでのものを指します。 この波長の光線は物体の奥深くまで浸透して温めることができるのです。

 そして遠赤外線の中でも、皮膚に対する刺激性が少なく人体に最も吸収され、生理的にも精神的にも効果があるのは、比較的波長が短い4〜14ミクロンの波長帯「光電子育生光線」 であることが分かっています。
  また、熱することによって遠赤外線が出てくるセラミックを利用した石焼きイモは、表面だけではなく中身まで短時間でふっくらと効率良く焼けます。 これは、遠赤外線が中まで浸透してゆくからなのです。
  その目的で考案された遠赤外線暖房器具がサンラメラなのです。

 サンラメラの熱焼板は、厚さ4ミリのセラミック板の裏面に特殊半導体をコーティングして高温で焼いたものです。この半導体に通電すると、電流量に比例して約300度までの熱が発生し、このとき、3〜20ミクロンの遠赤外線を放射します。

※サンラメラから放出される遠赤外線は「光電子育成光線」 (育成光線とも言う) とほとんど同じ周波数です。遠赤外線の中でも、4〜14ミクロンの波長のものが「育成光線」 と呼ばれ、生体の代謝、成長、育成に不可欠なエネルギーが集中している重要な波長です。

  育成光線が物質に吸収されて温熱効果を生む仕組みは、次のようになります。 人間の体を含め、あらゆる物質は分子で構成されており、それぞれに固有の振動数・周波数をもっています。 そこに、その対象物の振動数にあった波長の光線が照射されると、分子と光線が共鳴・同調することにより、その振動がよりいっそう増幅していきます。 そうすると、その増幅された振動エネルギーが熱エネルギーに変化し、暖かくなるのです。

 私たち人間の波長は、健康な人で6〜8ミクロンだと言われています。したがって6〜14ミクロンである育成光線は、人間ともっとも共鳴現象を起こしやすい波長なのです。 私たちの内部に吸収された育成光線のエネルギーはやがて熱に変わり、その熱が血液などによって 体の深部まで効率よく伝えられます。 その熱によって血管が拡張、血液の循環が良くなり、からだが温まるだけでなく、結果的に新陳代謝も促進されていくのです。

 私たち人間の体は60%以上が水分ですが、育成光線は体内の水分を活性化させ、水分子を小さな構造にします。 この活性化した水分子は、血行を良くするだけではなく、汗や尿ではなかなか出せないような体内の不純物ともくっつき、からだの外に排出してくれるとされています。

 これらのことから、私たち人間が健康jでいられるために、自然界からどれほど大きな恩恵を受けているかということがわかります。 そして生体の精妙なメカニズムに、あらためて驚かずにはいられません。


近赤外線をほとんど出さない

 サンラメラの放出する波長は3ミクロンから立ち上がり、近赤外線(0.7〜3ミクロンまでの波長)をほとんど放出しません 。
 これは、夏の暑い日、車のボンネットがヤケドするくらい熱くなる原因の波長で、金属に吸収され、暖かいというより、熱くなります。しかし、体には吸収されません。
 普通の遠赤外線ヒーターは、この近赤外線が含まれています。体の芯は温まらないのに、周りの金属だけが、やけに熱いのです。

湿度にも有効

 湿気に対しても、サンラメラは有効に作用します。サンラメラは湿度の高い時期には室内をカラッとさせ、一方湿度の低い時期にはあまり影響がありませんから、冬場の加湿器は必要ありませんし、結露も少なくなります。

不快な冷房時にも有効

 夏の暑い日、オフィスの冷房がこたえる方には朗報です。サンラメラを 足元などへ置いてみてください。部屋は涼しく、体の芯はポカポカ快適。元気に夏を過ごせます。
 

他社からライバルが出ないのは?

  サンラメラに使われている発熱体(特許取得済み)の安定製造が非常に難しいこと、セラミックに金属を接合する技術が特殊なこと(お皿に金属の取っ手が付いた製品をご覧になったことはないと思います。それほど技術的に難しいのです。)が主な原因です。 熟練した職人による手作りの逸品と言ってよいのです。
  表面を2600度、裏の熱源を800度で焼いて熟練した職人がキッチリと作るサンラメラはいつまでたっても類似品を寄せ付けない、大企業キラーの暖房器具なのです。

経済的

 一番気になるサンラメラの電気代は600型で1時間約10円程度になります。 平均的な使用時間の8時間使用したとすると1ヶ月2500〜2600円位になります。 サンラメラ1201型は8時間使用で1ヶ月約5000円です。
 サンラメラは24時間使うことを考えて作られています。
  サンラメラ600型の場合、通常使用するときは600W、寝るときは400Wにして24時間1ヶ月使用すると1ヶ月の電気代は5000〜6000円。
 サンラメラ1201型は通常1200W、寝るとき600Wにして24時間1ヶ月使用すると電気代は10000円前後にな ります。

  少し高いようですが、これまでの暖房器具でも24時間フル稼働すれば同様の金額になりますし、コタツや電気カーペットなどとの併用をしていたことを考えると、逆に安くなります。
 

本体価格は少しばかり高め

  サンラメラ本体の価格は他の暖房器具より少しばかり高めといえます。
  しかし、サンラメラは、何でもいいから暖房を…という方のための物ではなく、安全で安心でき 、健康維持にも役立つ暖房器具を長い期間使いたいという方に購入していただきたい暖房器具です。
  昭和46年の発売以来、数多くのお客様に支持されてきた暖房器具がサンラメラなのです。10年以上使っている愛用者の方もおられます。

 たとえ最初に支払う金額は多少高くても、安価だけれども満足できない暖房器具を何度も買い続けることを選ぶか、ここで、健康維持に役立ち、燃料代も安く、安全で安心して長い間使える暖房器具を選ぶかの違いだと思います。
  まだまだ有名ではないサンラメラです。サンラメラは昭和46年の発売以来、「口コミ」 と、ほとんどは 「通販」 で販売されてきた商品です。
  そして現在も大手家電量販店では販売しておりませんので、なかなかお目にかかれない逸品なのです。

 サンラメラの発熱体は非常に特殊な半導体なので、最後の焼き付け工程までの間は常に不安定な状態にあります。
  温度、湿度、時間など、全ての条件を同一にしても、残念ながらいつでも同じものができるわけではないのです。
  2割から最大5割程度は最初の工程からやりなおして、ようやく基準を満たすことができるのです。
  当然時間もコストもかかりますし、職人芸的な技術を必要とします。ですから大量生産できないのです。

 これまでサンラメラは、健康食品店や大手百貨店の通信販売での販売がほとんどでした。高島屋、西武百貨店、東急ハンズ、大丸等で、会員向けの通販情報誌での販売です。ですからなかなかお目にかかれなかったわけですが、良い物は廃れることがありません。

 サンラメラが隠れたロングセラーと言われるのは、その他にはない特徴、品質、満足度が高いからと言うことができます。

思いつく限りのデメリット

(1)電気代が1時間10円(これも普通くらいかな)
(2)価格が高い(と言ってもハーモニーライフでは60900円のところ41790円〔送料含む〕です)
(3)ファンヒーターなどと比べると2.3分温まるのに時間がかかる…というくらいかと思います。
  あきらかにメリットの方が多すぎますよね。僕の場合、デメリットをはっきりさせるというのがポリシー(←いいことばかり言う人は信頼できないからね)なので、こんなふうに書いてます。


サンラメラの特徴のまとめ

  現在、一般家庭をはじめ、宮内庁や、永平寺、薬師寺、その他にも木造建築が多い建物や精密機械工場、病院や施設でも使用されているサンラメラの特徴をカンタンにまとめると次のとおりです。
  そして、このような暖房器具をお探しの方に使っていただきたいと思います。

丁度良い暖かさ
指先までぽっかぽか
一晩中丁度良い暖かさだから朝の目覚めも良い
灯油が切れない電気式
部屋が必要以上に乾燥しない
風が出てこない
ダニやホコリ、カビを舞い上げない
ホコリが溜まらない
離れていても暖かい
切っても暖かさが持続する
ニオイがしない
煙が出ない
換気しなくても良い
体全体が均等に暖かくなる
火事や地震の時に心配がない子供やお年寄りも安心・カンタン
利用する時も場所をとらない
片付ける時も場所をとらない
音がしない
カンタンに壊れない
経済的

 最後に、育成光線を放射するサンラメラは、節々の痛い方、体温の低い方、何故か体調が思わしくない方などにもきっと喜んでいただける暖房ですので、自信を持ってお勧めいたします。


1201型ホワイト
適応範囲 6〜14畳
消費電力 600/900/1200W切替式
寸法等 738×516×235mm(12.5kg)
キャスター なし

関連商品
サンラメラ600W

サンラメラ600W

41,790円
[在庫あり]
希望小売価格: 60,900円
アオバ・ルイボスTX [120包]

アオバ・ルイボスTX [120包]

15,120円
[在庫あり]
プロポリス&ローヤルゼリー入り 竜眼はちみつ 250g
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス