ホーム | 書籍 講演DVD・CD > その他の書籍などジェネシス・ウェイ (44枚のカードセット)若林リアン
商品詳細

ジェネシス・ウェイ (44枚のカードセット)若林リアン

販売価格: 2,900円 (税別)
[在庫あり]
数量:
創造性と直観力を高める新しい時代のカードシステム
44枚のカードとガイドブック付

ジェネシス・ウェイ誕生まで
 1999 年、若林リアンとその友人は、東京のとあるカフェで絵や文章をかくワークショップを一緒に始めようと相談していました。それまでライターとして活躍していたリアンは、初めて絵の個展を開いたばかりで、イラストレーターの友人は、本を書き始めたところでした。ふたりとも、馴染みのないことをはじめた途端に、インスピレーションが湧き上がり、創造性がかきたてられることを身をもって経験しました。そこで、この素晴らしい体験を他の人たちと共に味わいたくてワークショップをはじめようと思いました。ワークショップをはじめてみると、このやり方は、創造性と直観を結びつける、体系的なシステムに発展する可能性に気づきました。こうして、ジェネシス・ウェイが生まれ、友人の協力と友情に支えれ、今のような形に整えられてきました。

44枚のカードとガイドブック付

他の写真
ジェネシス・ウェイのアートディレクター:若林リアン
 リアン・グランバーグ・若林は、NYのコロンビア大学の大学院でアート・アドミニストレーションの修士号を取得。その後、直観を使ったアーティスト、フリーランスのジャーナリスト、大人や子供向けの英語教師として活躍しています。1987 年より東京在住。精神性やヒーリング、自己啓発への関心が高まって、ジェネシス・ウェイを創りました。

 44枚のカードとメッセージ、そして楽しいエクスサイズで、あなたの創造性や直観力を高めていきます。
 今抱えている問題を創造力を使って解決していきます。
 ポジティブなメッセージで心が癒されます。
 絵や文章を書くことによって気持ちが明るくなります。
 直観に従って描いた絵や文章は今のあなたを映し出し、記録として残ります。
ジェネシス・ウェイを体験して
参加を決めたのは、「直観って何かな?いつもと違うやり方で
直観を得ることができたら、現実問題の家族、体、仕事の事で、
新しい発見があるかもしれない」と思ったからです。
ジェネシス・ウェイ・ワークショップでは、直観、思考、感情
など、あらゆるものをフルに使いました。自然に、現実の生活
でも変化が起きてきました。            ますみ

ジェネシス・ウェイを体験して驚き!
これからどういう方向に進んでいったらいいのかなぁ、
と思っていた私にとって
とても勇気の出る気づきやメッセージがもらえました。   
                         まさよ
ジェネシス・ウェイの使い方

ジェネシス・カードを引いて、自分を見つめていくために(レイアウト)。直観を引き出してアートを描くサポートのために。折り紙コラージュに表現された直観に気づくサポートのためなどに使うことができます。
具体的な使い方はマニュアルに書いてありますが、実際にジェネシス・ウェイのワークを体験された方々の、体験談を紹介いたします。



ジェネシス・ウェイのレイアウトの体験
 
 私は何をするのか、ほとんど予備知識のないままに参加しました。テーブルには一人に一組ずつのジェネシス・カードが用意され、リアンさんの示す課題にそって各人が作業していったのですが、まるでゲームをしているかのようなワクワクした感じで、あっという間に2時間が過ぎてしまいました。

 課題というのは、テーマにそってカードを分類したり、1つのテーマでカードを選択していくというようなことでした。はじめは、カードの内容をすべて見たことがなくて、しかも判断がスローな自分が、時間的についていけるだろうかと不安が頭をよぎりました。    
 しかし、カードを見ているといろいろなイメージが沸いてきて楽しくなり、いつの間にか没頭していました。

 分類するといっても、実にさまざまな要素があります。分類する観点、数、概念の持ち方などなど。ですから、結果は数限りなくあります。そして、カードを見て自分の頭の中に次々と沸いてくるものを、カードによって表現するという作業の結果をみると、自分の特長がとてもよく現れているのがわかりました。

 特に他の参加者の方々の結果を見せていただくと、自分のものの見方の癖がますます浮き彫りになりました。しかも、それが誰かに指摘されるのではなく、ゲームの結果としてバーンと出てくるのでわかりやすく、自然に受け取れるように感じました。
 「楽しく遊びながら自分を見つめさせてくれる」そんな「レイアウト」のワークショップでした。



ジェネシス・ウェイ・直観を引き出すアートの体験

・自画像を描く
 「最後の最後まで諦めずにトライする」ということを体験することができました。
 「この程度で終わりかな」とか「これが限界だな」と感じたときでも、視点を変えたり、発想を逆転してみることで、必ず突破口が見つかるという体験をしました。そして、自分の心の奥深くが、OKを出すまでトライするといいんだと思いました。

・1枚のカードを選ぶ
 マニュアルに書いてある、カードの説明文を読んで、今の自分にぴったりのカードだと思いました。
 今、自分がやり始めたことを表現しているし、これから向かおうとしている未来を思い描くことができました。

関連商品
病気はメッセージ 若林明彦

病気はメッセージ 若林明彦

1,300円
[在庫あり]
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス