ホーム店長日記
店長日記
店長日記:487
«前のページ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | ... 25 次のページ»
2017年04月10日
 だんだんと暖かくなってきましたね。栃木県北部は…大抵の家で梅雨明けまでコタツを出している、という話しをうちの奥さんから聞いているのですが、そんな家は実際に他に見たことないんですよね。実態がわからないんですけどね。

 今日から小学生たちは学校です。6年一組の担任の先生は、F先生。F先生っていっても藤子F不二雄ではなくて、一度も担任にも学年もなったことがないのですが、幼稚園の時に小学校からちょっとだけ小学校紹介に来た先生だった。
 一年くらい前に、スバルとTSUTAYAに言った時に、『F先生いたよ』なんて言うのだけど、まったく声をかけない。お前ねえ先生がいたらさ、『こんにちは』の一言くらい言えよ!と言ったもんなんですが。
 あちらは、『スバル君のパパ』という認識をしてくれているみたいです。まあ、問題大あり家庭と認識しているんだろうか。まあそこはいいけどね。

 

 暖かくなってきています。これからちょっと違ったことも取り組もうかなって思っています。何か始めてみよう。
2017年04月09日
息子の新学期が始まります。何やら、お道具箱のセロテープがないから、買ってきてほしいということで。
苦手な…100円ショップに、ものすごい量の商品が広がっています。もうね、どこにセロテープがあるんだかわかりません。
今回必要なのは、小さなセロテープ(台ごと)です。
はがしたり、切ったりとしやすいタイプなんてあるんですね。これもいいかと思いつつも、子どもの頃から使いやすいものに慣れてしまうと、不器用になる気がするので、こんな時は普通のセロテープでいいんです。

先日、友人が『●●●では(会社名)、ガンダムくらい性能がいいモビルスーツがあるのにも関わらず、ジム(量産型モビルスーツ)で戦うようにしているようなもんですよね』と。そう、やりにくいものを使って、及第点に達せられたら、使いやすいものを使った時にありがたみというか、使いやすさがわかるはず。
最初から便利なものに慣れてしまうのではなくて、工夫して、どうにかして使うということを体験してもらいたい。そう、ガンダムを使えなくても泣き言は言わない(笑)。

セロテープだったら、こうしたら汚く切れて しまった。べよーんと貼り付いてしまった。など経験して、ものと上手に付き合うことを体験して学んで行ってほしいです。
2017年04月08日
夜中だと思って起きたら…もう4時半だった。トイレに行きたくなったんだよね。そしたらスバルがムクっと起きて、なので居間に行くとことにしました。
昨晩録画していたフジテレビの新入社員のなんかに、さだまさしと谷村新司が出ていたので録っておいた。ほかにAKB関連の人たちが出ていたけど、興味ないから速攻削除です。
二人のやりとりが面白かった。さだまさしは案山子を歌って…でも、同曲を谷村新司が歌ったのがあったので、そちらのほうが断然いいなあ。そして谷村さんは、当然のごと『いい日旅立ち』を披露。『みんなも一緒に歌おうか』と呼びかけて、新入社員たちが歌えるというのが貫禄だね。
車の中も含めて、いい日旅立ちを耳にしない日のほうが少ない。

午後に、本を読むために太田原のデニーズまで。そしてお店を出ようと思った時に、『只野さん』と呼び止められた。数年前によく顔を合わせていた人たちだった。ひとときの時間テーブルで過ごして、帰ってきた。
今、7時20分くらいで、BS日テレでは『地球劇場』放送中なんだけど、ドラえもんが流れているうちのテレビ。多分8時には終わるだろうから、そうしたら追いかけて見ようかな。
2017年04月07日
 今日は7日だよね。4月に入って一週間過ぎたね。
この4月から、ささやかな体制が変わった人がいそうですよね。

 少し…状況が変わるのかなあ。小学生の将来なりたい職業ランキングに0.5%の子たちが『ユーチューバーになりたい』そうで、その平均年収が747万円と出ていて…ありえないね。いったい、誰と誰の平均収入から計算したんだかね。ものすごい売れている数人の平均でしょ、そんなの売れているお笑い芸人の平均年収みたいなもので、比較参考にならないよね。
 それに、おそらく再生に対して企業がお金を出さなくなる…と思う。小学生に人気って言っても、スポンサーは何かが売れたりしないと、お金を出せなくなるでしょう。大人向けのコンテンツなら、企業もメリットあるけどさ。
 テレビの子ども番組のCMは、子どもが欲しがる(おもちゃとか)ものや、一緒に見ている家族の大人に見せるCMでしょ。でもユーチューブって家族では見ないと思うし、今は出始めだから企業も投資しているのかなって思う。
 ほら、ホームページが出始めた頃は大手の企業がバカみたいなコストかけて作ったりしてたけど、今はちゃんと実績だせるものじゃなかったらねえ。個人の趣味的なHPは別としてもね。なのできっと製作費がすごく下がっていると思うんだよね。

 そんなのね、『主婦のやっていることを金銭に置き換えたら(すべて外注したら)年間千何百万円になるよ』という話しと一緒で、すべて…クリーニング、ハウスキーパー、ケー婦)がそんなに年収が高かったら、誰もがやるよね。やらない、やれないってのは、そんな需要がないからだよね。
 半年くらい前まで、息子のスバルも『ユーチューバーになりたい』なんて言ってたけど、最近は口にしなくなった。よかったよね。
 
 要は、今誰もが向き合わないとならない問題で、マネー→ムニーへの変換、意識変換を含めて取り組まないとならないんだろうね。
 ほら、波動とか意識がどうのって言っている人でも、耳を傾けたくない人が多いでしょ(笑)。でもそうなんだと思うな。

 昨日は、大家さんから電話があって、新しい契約書持って行きますね(ハンコを押してね)とい電話がありました。契約書の期間が昨年の12月までだったそうで…過ぎていたんですね、なんともアバウトなのでね。

 何をしてマネーを得るのか?そして何にマネーを使うのか?
 そして、マネーを得ていたのをいかにムニーからのエネルギーに変換するのか、得たマネー(もしくはムニー)を、ムニーの方向に使う変換をしていくのか。
 たくさんのマネーを使うことに慣れてしまった人は、きっと変えたくないんだろうなあ。

 どう生きるかを決めるのは自分だね。

 いつもね、どうでもいいことを書く連ねているけど(谷村新司とか、どこ行ったのかんのってね)。

 波動の法則実践体験報告の在庫がラスト1になったので、発注しましたよ。どーんと来ます(笑)。でもこの本は重要だよね。
 ははりさ、ムニーの使い方として、ここは…切らせないようにしよう。

 
2017年04月05日
届いたので聴きました。

谷村新司 45周年記念アルバム「STANDARD ~呼吸(いき)~」
http://www.tanimura.com/news/article-8183

3枚のCD(+DVD)、CDには全部で47曲入っていて、47曲中28曲が新しいレコーディング。15曲はアリスのライブ盤からのもの。
 新しい曲の歌詞をすべて入力して…と言っても、歌詞の文字量は多くないから。

 
 谷村楽曲、アリス楽曲(ライブ盤より)、日本のスタンダードナンバーと3枚の構成で、一般的に谷村の歌はだいたい入っているけど、中でも2002年の『流星』を…だいたいレコーディングは地球劇場の収録と一緒にだね、これは去年某O氏の悲報を受けた時にうちで流れていた歌だね。そして『最後のI Love You』、『忘れないで』が光ってるね。
 スタンダードナンバーからは、少年時代(井上陽水)、レイニーブルー(徳永秀明)、木蓮の涙(スターダスト☆レビュー)、そっとおやすみ(布施明)、夢の途中(来生たかお)…などなど、それに…谷村ナンバーだけど他の作家さんが作ったからか、『Far a Way 』。そしてリチャードクレイダーマンと、曲交換した『アデリーヌ』『幸せのサプリ』など…いいですね。少年時代とレイニーブルーはオリジナルよりもこちらのほうがいいような気がします。

 
 
2017年04月05日
 昨日の日記の『おめでとう』の続きというか、続きじゃないんですけどね。


足立幸子『あるがままに生きる』204ページより

 これから皆様の意識が変わってきて、欲がなくなって、奪い合いではなくて、分かち合いになっていったら、争わなくなるのですね。
 そうしますと、これから要らなくなる業種がたくさん出てきます。

 変わる時には一気に変わりますから、もう時間の問題と言ってもいいかもしれません。
争わなくなったら、警察いらない、おまわりさんいらない、裁判所いらない、弁護士さんいらないという感じになりますね。
 結局、心が病気をつくっているわけですから、皆様がなやまれなくなられてストレスがなくなって平安な気持ちでおられたら、病気なんかつくり出さないですから、お医者さんいらない、病院いらない、保険会社いらないと、いらない業種がたくさん出てきます。
 それに代わって必要になる業種もたくさん出てきますが、現在は、いらない業種がたくさんあります。





 こんなふうに書かれています。

 頑固な方は、どうせね、揚げ足を取ったり、自分の自我ゆえの疑問が出て来るのでしょうから、それは勝手にやってて頂いていいと思います。

 当時、20年前も『水道水がいいよ(浄水器やペットボトル水と比べて)』と言われていたのだけど、とある浄水器を販売していて人は(その浄水器は特にNGの一つだった)、『うちの浄水器はとてもいいんだから』と言っていました。何度も何度も足立さんの話しは聴いていて、たくさんの人に伝えていた方だったんですけどね。
 まあさ、なんだかんだと理由を作るんですよね。『足立さんの言うことがすべてではない』とかね。そりゃそうだけどね。足立さんがすべてではないけどね。

 なので…これから必要ない業種にわざわざ目指そうとする人たちもいたなあ。
 
 ともかく、こんなことが書いてあったよね、っていうお話しでした。前の日の日記の友達が何をしていたかって?本のなかの職業のひとつでした。クビになるというので『おめでとう』でした(笑)。
 他の人にはもちろん、言わないけど、よくよく知っている人なので、こう言ったわけですからね。さすがに…あまり知らない人には言えませんよ(笑)。






2017年04月04日
 昔、若いころのよく知る人が、『それはもう、これから調和がとれていったらなくなってしまう職業だよなあ』というのをやっていた。昨年から再三そのことは伝えていたんだけどね。ほら、縁のある人だから、そうするだけで、そうでもない人だったら、やっててもいいよと思うようなことです。

 その方から、夕方電話があって『翔太さんの野望通りになるよ』と。(笑)。
 なにがね、野望通りだ。バカたれだねえ(笑)。
 そしたほうがいいよ、って言ってるだけで、『野望』ではありませんからね。

 その会社の上司に呼び出されて、くどくどと…そして結果的にクビになることになったらしいです。

 これは、『おめでとうございます』です。

 本来は、新しいサイクルが始まり、さらに先の学びが始まるよって時に『おめでとう』らしいのですが、今の社会では自我と欲を増幅して、そういう状態の時に、(卒業~、昇進~などね)『おめでとうございます』と使うようなのです。

 言って見れば、『自我と欲を増幅されて、おめでとうございます』ということみ

 染之助染太郎が芸としてやっているのは、まあ芸のひとつなのでね(笑)

 今回のは、もう未来にはそういう仕事がなくなるって、なくしていく必要がある、(今は必要)わけだから、『おめでとう』で正解なんです。

 今後、どういうふうになるのかが楽しみですね。

 もしかして自分もかな?とココロ辺りのある方は、現実と本質の調和をとりつつ、出来ることから決心していくといいんだと思います。
2017年04月04日
 発振すると、自分一人もしくは今までのメンツでは出来ないことが、なんとか出来るような人が出てきてくれたりする。なんだか驚くね。時空はアレコレと準備してくれる。
 思いついたことは、まずやってみよう。
 出来ないかも知れない、それでもいいやと、でも最善を尽くす。必要以上に期待せずにやってみる。我が家のことは…これは人と関わらない人はどうしようも、それでも時空がサポートしてくれているはず。それに同調するかどうかは本人次第だなあ。
2017年04月04日
 先週あたりから、細かいアレコレが起こっています。本当にね、些細と言えば些細なことばかりで、結局ね、エゴに基づいた主張のモノ事だったりします。
 ただ、それに干渉波を受けている僕(たち)も、そこから学ぶことがあるので、体験しているわけです。
 この事に関わっているすべての立場(主導、受け身、間接的関与もろもろを含む)が学ぶ必要があって、今ね、数人で体験していることは『時空の縮図』(大げさですね・笑)のようなものです。
 僕の立場は、どちらかというと主導側というか当事者であり、渦中にいるわけですが、意外と楽しい(アレコレ考えると大変なんだけどね)んです。なんだかさ、ボディを失くしたエクサピーコが応援してくれているようでもあり(ボディを持っているエクサピーコもね)、ああなるほど、こういうふうにやると、こういうふうに…彼はこういう状況でおそらくもっとキツイことを体験していたんだなあなんて思ったりしています。

 僕の子どもの頃からの感覚で、日記にも再三書いているのですが、父親が感情的に怒ったことがほとんどなかった(叱られたのは年中です)のと関係していますが、目上・年上の人が買の情的になるなんてありえない、というもの。反対に年下から年上の人にはいいという(笑)、一見わけわからない感覚を持っています。簡単に言えば、下の人がモノ申すのは良いけど、上の立場の人が同じようにやったらパワハラだという、今の言葉で言うとそんな感じですね。
 でも、いかにも『あいつ怒ってバカだよね~』という態度と発言はいいんです。だって、周囲からもそうちゃんとわかるでしょ?

 読んでも、いったい何を書いてんだかわからない、そう読んだ人が思ってOKなんですよね。この日記は。
 ほら、自分で考えて、空想(妄想ではなく)する余地があるのっていいでしょ?

 しゃべることも、書くこともたくさんあって、長い。と言われます。
 先日の(好評なので次回もあるらしい)関ジャニの番組に谷村新司が出て、要約すると、今の歌の詩は言葉が多すぎる。昔の歌や谷村の楽曲は字が少ないから、聴く人が自分で想像する余地がある。というもの。
 小説ではなくて、ポエムのようにしていきたい(しゃべりもね)、って思っても、ついついあまり要らないディテールに凝ってしまう。誤解なく相手に伝わるためって思っていますが、言葉の文字数と比例ではないんですよね。チャンチャン。
2017年04月03日
 よいもの(よいこと)だからとしても、何も伝えずに…というか、本人の自覚なくて、家族だったとしてもプレゼント(もしくはやってあげる、やらせていただく…でも・笑)するのととしても、難しくなっているみたいだよね。
 結局、『自ら』ということが大切なんでしょうね。その『自ら』が欠落しているのに、行動できる環境や状況を作ってあげても(もらっても)、何かをプレゼントされたとしても、それだともう難しいみたいだね。 

 僕も、今までは家族・家族じゃない問わず、そうしてきたこともあったけど。もうやらないかなあ。
 
 本人の決心というか、決めることが最適だね。
2017年04月03日
 自我と欲をいままでのように、継続できる環境を作ろうとすると、これは…キツイだろうなあ。不必要最大限ではなくて、必要最小限でいいや、と意識変換(考え方を変える)をすることを個人も会社も、社会も必要なんだろうなあ。 ヤマト運輸の過労働問題も、結局一人ひとりの『不必要(大して必要じゃない)なモノの購買』からだろうし、どの業界でもそうでしょう。行かなくてもいい旅行など…旅行がダメって話しではないんですよ。そういう積み重ねが一人ひとりを切迫させているって話しです。

 何が必要で、何が不必要か?
 人それぞれによって違うよ、というのは一般論で、それを自然の仕組みに適っているかどうかという視点で感じられるセンスが大切ってことですよね。

 とは言え…最近僕も、これは本当は要らないだろうなあってモノを通販で買ってしまった(笑)。その頻度…頻度が少ないのならいいということでもないけど、一つ一つのモノ・事に対して、『必要度』を感じてみることは大事ですよね。

 ほら、あるがままに生きるにもさ、必要ない職業がたくさん出て来るって言われているでしょう。でも、それを今は必要としている社会ってことは、ああ未熟な文化を自分たちが作ってしまっているんだよね、と自省しようかな。
2017年04月02日
 あ、別に自転車のことではないよ。
 料簡の狭い人のペースに乗らない。乗ってしまうと自分も同じ感じになってしまう。
 ハートチャクラは忍耐と比例みたいな感じか。僕もね、かなり感情的だね、急上昇乱降下(笑)。

 でもね、意外と思っている以上に忍耐力…かはともかく、そういうことは出来ているほうかなって思います。(どうかな?そもそも自分で言うことじゃないけどね)
2017年03月30日
 今朝は4時くらいに起きたのですが、

 見ていた夢は、普段の夢にはあまり出てこない(記憶では初めて)夫婦でした。
 その人たちと、全国で有名な朝の勉強会をやっている団体があるのですが(実際にあるよ)

 それに参加していて、『うーん、○○君は、どうして△○法人会に入っているの?』と訊いた

 それに対して、彼は『なんかさ、もう違うってわかるんだよね。20年、30年前だったら、あり得るんだけどさ』と

 僕も、夢の最中になんだかバカみたいだなあって思いながら過ごしていました。
 何の会だったのか、それはみなさんの想像にお任せします。実際に地域の方から『またおいでよ~』と誘われた時には、
 『もったいないから行けないですよ』
 『もったいない?』
 『そうですよ、僕の時間とそのことに使うエネルギーがもったいないから、もっと本質的な会合になったら参加できるかも知れないけど、きっとそうはならないと思うんですよ』と…いやいや、酷い言い様ですよね(笑)。

 同じようなことを、同じような言葉で伝えていても、その振動波はまるっきり違うってことはあります。

 そして、起きてから過去の足立さんの話しを聞き始めました。

 その時のビデオとは違うのですが、

 だいたい同じ感じの内容は1996年の足立さんの講演会DVD http://harmonylife.ocnk.net/product/688


 この時は、『波動の法則』出版記念として開催されました。全国の本屋さんに山積みにされていた『波動の法則』の本の中に講演会の案内はがきが挟まれていました。

価格は5000円です。

 ぜひ、持ってない人は買ってくださいね。

 自然の仕組みを学ぶDVDも、本来の講演DVD(1996年、2002年、2005年、2010年、2014年とあります)と一緒にご注文お待ちしています。
2017年03月29日
 昨日の夜も、トイレに行ったら、窓の外に水の音。雨が降っていました。この冬は降水量が少ないような気がするので、ちょっと雨が降っていたほうがいいよね。

 昨日の記事にも書いたのですが、女が中心で社会が回っているほうがいいに決まってる。
 中世以降(確認不足ですが)、男が中心に政治から経済、何から何までが動いていますが、これがオカシイ。女の人は思いもつかないことをやってしまいます。そのほうが面白いに決まっている。
 なので、女の人はもっと社会に出たほうがいい。そしてそれを男は容認して、…別に女性優位とかそういう話しではなくて、ほとんどのモノ事の中心が女性がやっていったほうがうまくいくよね、っていうお話。
 ほら、男はさ、勢力拡大とか、そういう方向にどうしても向かってしまうでしょ(笑)。女の人が中心のほうが男にとっても楽しいよね、きっとさ。
2017年03月28日
 朝から、録画した谷村新司を見ていた。ふと…頼まれていた贈り物のことを考えていて、


 元々の持ち主…というと妙な表現になるんだけど、1994年の逗子での講演会の映像をディスクにして渡そうと思いついてしまった。
 ブルーレイの場合、高速でディスクが作れるのだけど、DVD(多分ね、DVDしか見ないだろうと)の場合は通常のスピードで録画することになる。何か方法はあるのかも知れないけど、正直わからない。

 そして、テレビの画面が谷村新司から所長になった。その移り変わりを見ていて、家族が『(画面のなかの人が)同じように見える』と。確かにその通りだね。なんていうか、多少の縦横比率は違うかも知れない。オデコの感じとか、目の感じとか…同じだ。
 
 そんな感じで、古い内容を渡すために流して(モニターにね)いたら、面白くなってしまった。あとでちゃんと見よう。
 持っている人は、波動の法則と併せて、読みながら見るといいよね。
2017年03月27日
 今年になってから、自分のことではないけど、これは…どうにか、なんとか出来ないかなあ。
 どうやって、伝えて行ったらいいのやら、難しすぎるよなあと思うことなんかがあります。知っている人は、『(その人には)翔太さんが出来ないんじゃ、誰も出来ないんじゃないの』なんて言う…。いやいや、違う意味で僕だと、僕はぜんぜんいいんだけど、僕に対しての感情的なものがある人だからさ、ある意味一番難しい役目なんだよね。と思いつつも、『誰か、できないかなあ』と思い続けていることがありました。
 そんななか、Kちゃん、うーん、Kちゃんはたくさんいるから、そのうちの一人のKちゃんが、やってみたら適役だった。家族で親子で、同じパターンを遺伝してしまう、それはね、避けたいよね。というか体験して学ばないとならないことって、それぞれあるわけですよね。
 自分を含めて、あー面倒なことだらけな人生です。Kちゃんもとても楽しんでくれているみたいだし、なんていうのかな、色んなさ、つながりや関係性があって、それもみんな繰り返し続いているんだよね。有り難いな。
 それでもって、Kちゃんの発想は面白すぎた、僕にとっては。
2017年03月26日
 シン・ゴジラを借りました。去年の夏に息子と千葉に行って、その帰りに宇都宮の映画館で観たのですが、あれは怪獣映画じゃくて、群像劇だったよね。映画館に何度も観に行っている人たちがいたみたいだけど、一度見ても解らないところもあったけどさ、何度も行くわけにいかないし、DVDになるのを待ってた。
 うちの近くのTSUTAYAには30枚以上入荷していたけど、ほとんどが貸し出し中で、二枚だけ残っていたので、すかさず借りました。
 『まずは君が落ち着け!』のボトルドンとか(笑)、ああこのシーンか、なんて思ってみていました。登場人物の名前がわからないけど、主役のような人に対して、ポットボトルの飲み物を持ったまま、胸にドンとやる、アレです、アレ。なんとかさとみの、石原さとみの英語が変だとか、なんだとかの声もあるみたいですが、別にね、見るべきところはそんなトコロじゃないのでいいです。
 なんていうか、3.11を超えた今(公開当時は熊本震災後でもある)作るゴジラなんだろうか。セリフが早くて、スピードも間もない。きっと自衛隊や政府もろもろのやり取りなんかは、マニアの人(政府マニアなんているんだろうか)にとっては楽しいものなんだろうな。
 最終的には、ゴジラ(動かなくなっているけど、いつ動き出すかわからない)と共存していかなければならない人類、ゴジラが再活動し始めたら、他国からの武力行使が始まる。ただそれを、その時間を止められたという、そんな結末。映画ではゴジラですが、現実世界には、原発だったり、なんだったりといろいろと置き換えて考えることができるんだろうな。
 それにしても、東京の復興は…そもそもゴジラも活動停止しているだけだから、あの世界では日本の首都は別の場所に作るしかないんだろうなあ。
 映画館に行くのは…って思っていた人も、DVDになったので、借りてみるといいかもです。
2017年03月25日
 朝出発するのがちょっと遅れた。予定では車で宇都宮まで行って、そこから電車に乗ろうと思ってたのだけど、なかなか難しくなり、矢板駅から電車に乗ることにした。
 帰りのことを考えてのことだった。宇都宮に戻ってきた時にヨドバシカメラに立ち寄ってあげようと思ってたのだけど、うちの息子君は出かける準備をせずにゲームに講じていた、これが原因だ。
 今日のルートは、品川で母親と会い、昼過ぎには護国寺に行く。宇都宮線、というかほら、去年から東京・上野間が繋がって、車両によっては熱海まで、…熱海までってすごいですよね、栃木の北のほうの黒磯から静岡県の熱海まで繋がっているなんて、これは寝過ごしたら洒落にならないね、って思っていたのが去年の今頃。

 やってしまいました。新橋を超えて、『次、降りるからね』と言っておきながら、気づいたら川崎の『川』の文字が見えた。これが品川の『川』だと思って…でも電車が動いてしまった。動きだして『川』の文字が川崎だったことを知った。次に停車するのは横浜だね。
 そんなこんなで、品川に到着したのが予定より30分遅れてだった。お婆ちゃんと孫が会うのは久しぶりだ。まだね、元気でいるけど、ほらもう70代も後半に入っているわけだから、いつ死んでしまってもおかしくないからね。
 身長もほぼおばあちゃんと同じだ。時間は流れていく。
 あまり使えない(それは僕も一緒)の母親の携帯のアドレスを、入力するも、うまく送信できない。メルアドのスペースが半角なのか全角なのか、そもそも本人がよくわからないし、新規のメールを送信したこともないというアレだから困ったもんだね。こんなことをしているとあっという間に1時間半が過ぎていた。


 そして午後は、二回目の『自然の仕組みを楽しみながら体験していく会』でした。自分たちを含めて(子どもは除く)11名の参加、今回はご夫婦が二組いました。
 この二週間くらい、もやもやしたものがあって(個人的にですよ)、何だかなあという感じの毎日、って24時間そういうふうではない、でしたが、神戸さんの話しやみなさんの話しを聞いていて、ちょっと、もう少しやってみようかな(個人的なことをね)と思いました。
 お母さんと一緒に来ていた佳祐(桑田佳祐と同じだね)君とスバルは遊んでいる。三歳のしゅん君は椅子に座ってiPhoneのユーチューブを見ている。『(しゅん君が)椅子から落っこちないように見ていてね』と二人に頼んだけど、ゲーム談義に夢中だ。
 小学生たちは、ほとんどの子たちがゲーム好きなんだね。オジサンはゲームを昔からやらないからわかんないんだよね。

 ともかくね、人生の目的は忍耐を学ぶこと…なんだってさあ。昨日(日曜日)に、50代で高橋ひとみが結婚して、その理由をいとうあさこと久本正美に
死んだ後で、結婚しない、子ども産んでいないとなると。結婚って修行じゃないですか。修行しないで死ぬと死んでから大変って言うじゃないですか、それが一番かな』と語った。と、それに対して、久本雅美から『うるさいわ!』いとうあさこが『楽して生きているわけじゃないのに』、とダメ出しされていた。とあった。土曜日放送のメレンゲの気持ちの番組内でのことらしいね。


 しかしね、死んでから死んだ後が大変って…そんな理由で結婚ってのもなんだかすごいよね。どう捉えるかは一人ひとりの自由でね。
 僕がそう思ってんじゃないからね。

 修行を敢えてしよう、というのじゃなくって、生まれて生きていることそのものが、修行ってことなんだよね、きっと。
2017年03月23日
 先日、みなさまに『我が家の事情から…』とお水のことをメール配信しました。

 エノレコンで調整したお水を、飲んだり、お茶を煮出したりと、久しぶりに使い始めました…という内容だったんですが。
 麺を茹でる時に、いつも通りカフにお水を汲んで、沸かそうと思っていたのですが、『ん?待てよ』と、エノレコンで調整したお水を使ってみようか、でも茹でた後のゆで汁はだいたい捨てちゃうよなあ…など考えてしまいましたが、普通に…調整に48時間かかるだけで、二日前には水道の蛇口から出たお水なんですよね。
 変なところで、もったいないとか、倹約しないとっていう精神が出てしまいました。バカですね(笑)。

 して、調整したお水を使ってゆで上がると、これがまた、いい感じだね。こういうためにお水を調整しているんじゃないか、仮に…残ったゆで汁を捨てたとしても、その振動波が下水に流れていく。
 なんも悪いことないし、むしろいいんじゃないか。

 結局ね、残ったゆで汁には野菜ブイヨンを少し入れて、スープとして飲んでしまいました。

 今回の麺つゆは、結果的に麺つゆとなるけど、先日の…名まえを忘れてしまったけど、エイの一種のひれを煮着けた残り汁がベースです。あまりね、カリコリとした食感は何だったけど、こうして麺類と食べると美味しいね(身はすでに食べた後)。


 しばらく家ではちゃんと使えてなかったうちが言うのは何ですが、エノレコンを使ったほうがいいよ(笑)。
 
2017年03月20日
 キッチンの水道のパッキン交換をしたのが先月だったのかなあ、もう少し経っているので。
 
 うちの洗面台のパッキンは、よく交換するんです。9年の間に多分10回以上かなあ。今回は息子に交換の仕方を教えてみようと思いました。もう4月で6年生になるので、そのくらいは出来ておいたほうがいいよね。

 うちの洗面(お風呂もそうだった)のパッキンはちょっと変わっている。といってもホームセンターに散々売っているので、ありふれているタイプなんだろうか。

 準備する工具は、短く太めのドライバー、ペンチやハサミなどちょっと挟むことのできるもの、そしてモンキースパナ。サイズのピッタリのスパナだったら、どれでもいいのかな、ノブの蓋を開けるためのカッター(カッターじゃなくてもいいけど、刃を使う)そして交換用のパッキン。

 まずは、蛇口の下のバルブを閉めることから教えます。原子力発電所などでは違うみたいでが(行くことはない)、左に回すと開く、右に回すと閉まる。これはもう、覚えちゃうしかないよね。

 そして、ノブの上の蓋を取ります。戻して、スバルにやらせます。
 ドライバーのネジが見えるので、それを開けさせます。
 
 ノブが取れたら、モンキースパナで、ボルト状のものを開けさせます。これで金属のパーツが外れます。
 もし、バルブが開いていると…当然水が噴出します(笑)。その危険はありません。

 そして、パッキン(二センチの直径に7ミリくらいの真鍮線で出来ている)をペンチで軽く挟んで取り上げます。

 外した金属パーツに、新しいパッキンの真鍮線パーツを入れて、それを蛇口に組み込みます。

 あとは、元に戻すだけ。スパナでくるくると。ちょっと締め付けが甘いかなあ。このままだと水が噴出するだろうから、ここはパパがしっかりと絞めます。

 ノブを戻し、ドライパーでネジを取り付け、蓋をかぶせます。

 そして、バルブを開いて。

 水のポタポタはありません。ノブを開くとちゃんと水が出ました。

 完成だね。
 最後の締め付けは、もう少し力を付けないと駄目だけど、やり方はわかったね。もうパパがいなくても大丈夫だね。

 めでたしめでたし。

 
«前のページ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | ... 25 次のページ»
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス