ホーム店長日記
店長日記
店長日記:455
«前のページ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | ... 23 次のページ»
2017年04月21日
 どこかね、『自然の仕組みを楽しみながら体験する会』で使える会場はないだろうか…え、初めて目にする名まえ???という方もいますよね。今までにお買い物などをしていただいた方たちにお知らせはしているのですが、いわいるインターネット上に名まえを出したのは初めてなので。別に秘密にしているわけではありません(笑)
 一般的には貸会議室とか、そういうトコロですね。そりゃ、世の中にはたくさんあるのですが、レンタル料があまりかからずにいい感じの場所は公共施設で、そもそも予約をとるのが難しい。コストが高い場所はあっちこっちにあるのですが、高いよねえ。
 そして、できたらある程度は調和のとれた空間がいいなあ。もう、ワガママなんだから!(笑)

 今のところ、2月、3月(これから五月13日)に開催して、十数人の参加者数ですが、15-20人くらいで使える空間があるといいのかなって思っています。
 別にね、貸会議室などでもなくて、気持ちいい感じの飲食店なんかでも開催が可能かなあ…『うちのお店(一部でも)使っていいよ』なんて言ってくれる方がいるといいなあ。みなさんが来やすいように首都圏の行き来しやすい駅の比較的近くがいいなあ。もうね、ワガママですね~。今のところ土曜日の午後の時間帯に行っています。要望がありましたら、他の曜日や地域での開催もいいのかなって思っています。
 参加していただく方は、自然の仕組みを真剣に生きて行こうという気持ちを持っている方となります。(細かいアレコレはあります)
 参加希望の方は、参加希望の連絡を頂いた後に、他の方の参加状況(人数の上限など)を考慮して、ご参加頂く形となります。
 案内のメールが欲しい方は、連絡下さいね。その時には、ちゃんと名まえや電話番号、住所も併せてお知らせください。
2017年04月20日
 後で、加筆するつもりですが、『情』だとダメなんだよね。
 僕の問題点は情がひとつだね。


 お昼頃に加筆


 ついね、情にほだされてしまう。これっていい時となんともなあ、という場合がありますよね。去るものは追わず、来るものは拒まず(笑)。いやいや、選んでいるような立場じゃないのでね(笑)。それは冗談として、若いころからそうだったと思う。
 ものすごいクールで、最近言うクールではなくて、『冷たい』ってヤツですね、聖戦士星矢で、キグナスの氷河が師匠のアクエリアスのカミュより、『クールに徹しろ』と指導されて、冷酷でなくて冷徹、うーんカッコいいなと思うんだけど、なかなか現実はそうもいかず(自分次第だね)。
 若いころから仕事してて、ほら、それが出来ない人っているでしょう、本人が諦めるならそうだけど、ほとんど自分からは投げ出さない。…というケースが多かった。わずかだけど、『これは、無理だ』と思った人もいたけどね。
 こういうのって、情なんだろうかな。

 その頃、四つ上の先輩のSさんがいて、Sさんはかなり変わった人で、AB型……。
 あ、AB型がいいとか悪いとかじゃないんですよ。今はどうしているんだろうか?高校が一緒なんだけど、ほら4学年違うと掠ってないんですよね。高校の時のバイト先のリベルテで会って、これもね、掠っていて、一緒に働いたことはないんです。
 微妙に超能力的なものを使えてね、あ、興味と感心を誘ってしまったかな。当時20歳くらいだったけど、30代後半くらいに見える外見、口ひげを生やして、オデコが広い、若い頃の谷村新司的な(笑)で、軽い登り坂で、前の車に軽くわざとバンパーを当てて、前の車に『ちょっと下がってきてるよ』と脅す。脅しても、別に恐喝するとかじゃないよね。そのまま相手を解放する…そもそもね、前の車の人は悪くないよね。もちろん、へこみとか作るような悪戯ではない。
 昔さ、『代官山で足立幸子さんって人のお話しあるから、来てよ』と言って、来てくれたこともあったなあ。

 こでれだけ書くと、Sさんは怖い人なのかなって思われてしまうだろうけど、そうじゃないんだよね。
洞察力に優れていて、Sさんがいろいろと教わっていた、当時70代くらいのオジイサンがいて、その人は自分のことを鼓輔(こほ)という、ペンネームみたいのを持っていて、要は太鼓のように叩いたらそれ相応なことが返ってくる男なんだよ。ってことらしい。
 で、Sさんは、それに対して自分鏡輔(きょうほ)だと。目指すって意味だったろうけどね。太鼓は叩かないと音は返って来ないけど、鏡は叩かなくても目の前に来ただけで相手の姿が映る、そんな男になりたいと思っていると言ってた。そもそも…鏡は叩いたら壊れちゃうけどね(笑)。

 その時に、そんな関わりのメンバー(僕が一番年齢は下だね。大体平均年齢は5歳くらい上だったか)で当時作ったの『おせっ会』という会だった。何をするというのはなかったけどね。

 もちろん、大人になってからも…話しを聞いた人が引いてしまうような…そんな人間ですが、YOYOの愛さんら、お世話になりました。他のね、会社だったら社長たち怒りまくりだね。だからってわけじゃないけど、年上の人間は寛容になってるはずだというのが根強いな。(Sさんのように坂道で前の車に当てることは忍耐と何も関係ない。真似しないように!いや、してもいいけど、自己責任でね)
 逆に、自分よりも年下の人には、『好きなようにやったらいい。そんで体験したらいいじゃないの』って考えるんだよね。

 そういう環境の中にいたからか、こういう性格を形成された一旦なのかも知れない。
ともかく、情は本当は違うんだよね。

 でもさ、違っていたとしても、それがデビックになることだってあるんだから、いいんだよ。と、自分を正当化する。

 ほら、『またさ、いつも文章が長いんだよね~』と心で思いながら、読んでいる人が、モニターやスマホの向こうにいるね。長くなりました。すいません。




2017年04月19日
 こんなことね、書こうと思ってなかったのですが、あまりにも面白すぎたので(笑)
 担任になったF先生は、幼稚園の最後の時に小学校の案内?のように幼稚園に一日やってきた人でした。でも今まで1年生から五年生まで、まったく学年に携わらないようだったのです。
 で、何の授業だったかというと、来月にある修学旅行のガイダンスレクチャーで、二クラス合同(70人くらいか)でやる時間だったようなのです。
 そして、F先生は法被を着て、ツアーコンダクターの修学(しゅうまなぶ)と子どもたちの前で名乗り、二日間の予定をスライドを見せながら説明していった。
 初日は東京で、浅草寺とスカイツリー。泊まるのは横浜で、山下公園で夜景や氷川丸を見ると…。そこで、この船の名前がわかる人!何とか丸です、ということで、子どもたちの一人が、 『五郎丸』と、それが出るとは思わなかった。次いで、他の子が『真田丸!』・・・なかなか面白いね。
 山下公園も懐かしいなあ。

 で、二日目は鎌倉。ここは班に分かれて子どもたちだけで計画を立てて行動するという。これも行きたい場所を決めるのに、スライドを映しての説明。面白かったのは、『閻魔大王って知ってる?地獄に落ちたらなんと買ってアレです』と、かなりアバウトな説明でいいですね。
 由比ガ浜。鎌倉には海があるという。ほら、栃木県の子どもたちは海を見たことが無い子もいるのだろうか。あ、去年の臨海教室で茨城が海にみんな行ったんだよね。で、由比ガ浜は遠いから行きたい班は(他にどこも行けなくなるから)覚悟して歩いていくようにって。鎌倉での行動は食事をどうするか、切符を買う(江ノ電などでの移動の子たちは)のも、全部自分たちで考えてやるらしい。

 なかなか面白そうだね。しゅう・学ぶさん楽しいレクチャーをありがとうございました。

 さて、うちのスバルは鎌倉はどこに行ってくるものなんだかね。逗子は何度か行ったけど、その近くなんだよね。

2017年04月19日
 今までにお買い物して頂いた方(連絡のとれる方)に、メールで案内を送信しました。
2017年04月19日
 個人の方も、事業運営に携わっている方からも、このところ『損得で考えてしまう』というのをよく耳にしてしまいます。これはメッセージもあるのだろうということを踏まえつつ。
 今の状態とはまったく違うのだろうけど、20年以上前の頃は、どんどん気づいて決心していくような企業が増えて行く、という時代でした。(これも今は違うんだろうけど)F総合研究所に関連していた企業さんのなかには、本当に決心していた会社が少なからずあったのだろうなと思います。
 そういう意味で、会社を運営しながら、調和の方向へ決心していく人というのは本当に素晴らしいなと思います。何もしないで…何もしないでというのは、本当に何もしてないという意味ではなくて、経営やお金のことを考えなくていい状態であったら、いくらでも、いいことを言ったり出来ちゃうんですよね。でもそれを日々の運営、顧客とのやり取り、取引先とのやり取りや資金のことを把握しながらやっている。ということ。
 これは…この10年くらい(笑)流行っている『引き寄せの法則』とか、アレじゃないんですよ。引き寄せの法則は…本屋さんでたくさん関連の内容の本が売られていますが、パラパラと立ち読み(わざわざ買うようなモノではないと思うので)したら、要は『自分の自我の振動波(もしくは低い振動波)を発振したら、同じようなエゴの振動波と同調してしまう』という内容だった。だから間違っているわけではなくて、低い段階の自然の仕組みを体感するということが書かれていて、それに同調してしまう方が買ってしまうのだろうなあって思いました。

 ともかく、『損得』から『尊徳』へ。低い振動波で得たエネルギーを高い振動波のエネルギーに変換する。これは生きている限りは役割なんだろうなって思います。え?誰の役割?それは、!って思った人の役割ですよ。

 賽は降られた。後は成るように成るのかな。さてェ(ザブングル【お笑いのじゃないよ】のナレーションのように)
2017年04月17日
 何が起こるかはわからない世の中ですが、ほぼあり得ないだろうけど…でもどうなるのかなんてわかんないけどね。

 先週のニュースで、北朝鮮が核ミサイルを発射するとか、しないとか…というのを聴いた人が、慌ててヨウ素剤を買ったと聞きました。

 しかしねえ、そんな時こそSODなんだよね。
 使ったことないけど、ヨウ素剤は時間の制約などあるよね。用意していてもその時に使えるかどうかなんてわからないですよね。

 SODは放射線を防ぐことは出来ません。
 でも放射線による体内に発生した活性酸素をコントロールすることは出来ます。

 事故現場での、急性放射線障害は、いっきに体内の活性酸素が増えてしまって、それで死んでしまうんです。そういう事態・状況に遭遇する可能性は凄く低いと思いますが。

 でも、放射線だけじゃなくて、電磁波、紫外線、環境ホルモン、たばこ…など、活性酸素を発生する原因はたくさんあります。そのなかでもストレスは一番大きいかな。

 なので、SODを食べ始めた人は(飲むではなく、食べる)、なんかわかんないけどラクになった。など感じる人が多いです。
http://harmonylife.ocnk.net/product/1

 本当は、今の私たちには必要なものなんですよね。
 


 まったく関係ない話しだけどさ、友人の一人に有り難いなと感謝の気持ちを伝えたら
『あらら どうしたの 体調悪い?』って返ってきたよ。感謝するってと、よほど体調が悪いって思われる感じなんだろうか。

 ジュポスとピシュを待ってくださっている人たち。明日発送します。ジュポスが6個だけ在庫余裕あります。しかしまあ、ギリギリでなんとか回っているよね。あちらもこちらも大したもんだよね。



 夜になって、『こんな場合は』ですね。
 外出している時ならいいのだけど、普段通りに家にいて、夜8時くらいにご飯を食べてしまったよ。夕方ならともかく、夜の8時(7時でも同じようなもんか)にご飯を食べてしまうなんで、寝る頃になって苦しくなった(お腹いぱいで)。何食べたかって…7時半くらいになってお腹空いてしまったから、スーパーで買った寿司10貫。たくさん食べたわけでもないよね。遅い時間に食事をするのは良くないね。
 本当は、8時近くなったら、お腹空いていても食べずに寝てしまうのがいいね。もしくはさ、SODを食べてしまうとかね。
2017年04月13日
 夕方、トッキュージャーの再放送があった。トッキュウジャーって数年前の戦隊ものですよ。この主題歌が当時結構売れていたと聴いたことがあるんだけど、こういう軽くてリズムが…多分打ち込みだよね、そういう歌ってあまり好きじゃないんだよね。
 そばから、『こういう疾走感があるのがいいなあ』と言われる。疾走感?ハウンドドックの大友康平とかさ、ああ(フォルテシモは別として』力強くて、こうなんていうのかな、もう後先考えない、この先どうなってでも今ココを生ききる!的な歌い方はカッコいいと思うんだけど。打ち込みじゃなくても実際にドラムを叩いていたとしても、切羽詰まった感がないのに、そういうのに疾走感は感じないなあ。
 余力を残している疾走感なんてあり得ない!って思ってしまう。別にスポ根ものは好きでもないけど、真っ白に燃え尽きて灰になってしまう矢吹ジョーのようにね。明日のジョーの歌は暗くてイヤだなあ。う?わがままだね。ルパン三世の歌(おーとこにはー自分の―世界がーある、っていうアレね)疾走感あるよね。
2017年04月13日
 僕から見ても、『無茶だなあ』と思う行動をとる人がいました。このね、無茶っていうのは、自分の常識からすると無茶だったり、顕在意識的にそう見えるだけなんですよね。
 直観に基づいて、思ったことをどうやったらできるか、現実化するか(こんな風に考えても考えなくてもいい)というのを、無茶して頑張って、頑張ってないかも知れないけど、動いていると、周囲の人はそういう行動にサポートしたくなるんだろうなって思います。
 エゴから発しているのか、本質からのものかって解ってしまうんですよね。

 人がそういう風に感じるのと同じに、きっと時空もサポートしてくれたくなってしまうんだろうなあ。
 そういう姿を見ていると気持ちいいね。
 
 でもね、大丈夫。きっと振動波がかけ離れていたら、そういう姿を見ても同調するのは難しいからね。だから『只野の日記にこう書いてあったら、無茶したんだけど、本当に無理だったよ!』と憤慨しても、どんどんやってみちゃうといいよね。
2017年04月10日
 だんだんと暖かくなってきましたね。栃木県北部は…大抵の家で梅雨明けまでコタツを出している、という話しをうちの奥さんから聞いているのですが、そんな家は実際に他に見たことないんですよね。実態がわからないんですけどね。

 今日から小学生たちは学校です。6年一組の担任の先生は、F先生。F先生っていっても藤子F不二雄ではなくて、一度も担任にも学年もなったことがないのですが、幼稚園の時に小学校からちょっとだけ小学校紹介に来た先生だった。
 一年くらい前に、スバルとTSUTAYAに言った時に、『F先生いたよ』なんて言うのだけど、まったく声をかけない。お前ねえ先生がいたらさ、『こんにちは』の一言くらい言えよ!と言ったもんなんですが。
 あちらは、『スバル君のパパ』という認識をしてくれているみたいです。まあ、問題大あり家庭と認識しているんだろうか。まあそこはいいけどね。

 

 暖かくなってきています。これからちょっと違ったことも取り組もうかなって思っています。何か始めてみよう。
2017年04月09日
息子の新学期が始まります。何やら、お道具箱のセロテープがないから、買ってきてほしいということで。
苦手な…100円ショップに、ものすごい量の商品が広がっています。もうね、どこにセロテープがあるんだかわかりません。
今回必要なのは、小さなセロテープ(台ごと)です。
はがしたり、切ったりとしやすいタイプなんてあるんですね。これもいいかと思いつつも、子どもの頃から使いやすいものに慣れてしまうと、不器用になる気がするので、こんな時は普通のセロテープでいいんです。

先日、友人が『●●●では(会社名)、ガンダムくらい性能がいいモビルスーツがあるのにも関わらず、ジム(量産型モビルスーツ)で戦うようにしているようなもんですよね』と。そう、やりにくいものを使って、及第点に達せられたら、使いやすいものを使った時にありがたみというか、使いやすさがわかるはず。
最初から便利なものに慣れてしまうのではなくて、工夫して、どうにかして使うということを体験してもらいたい。そう、ガンダムを使えなくても泣き言は言わない(笑)。

セロテープだったら、こうしたら汚く切れて しまった。べよーんと貼り付いてしまった。など経験して、ものと上手に付き合うことを体験して学んで行ってほしいです。
2017年04月08日
夜中だと思って起きたら…もう4時半だった。トイレに行きたくなったんだよね。そしたらスバルがムクっと起きて、なので居間に行くとことにしました。
昨晩録画していたフジテレビの新入社員のなんかに、さだまさしと谷村新司が出ていたので録っておいた。ほかにAKB関連の人たちが出ていたけど、興味ないから速攻削除です。
二人のやりとりが面白かった。さだまさしは案山子を歌って…でも、同曲を谷村新司が歌ったのがあったので、そちらのほうが断然いいなあ。そして谷村さんは、当然のごと『いい日旅立ち』を披露。『みんなも一緒に歌おうか』と呼びかけて、新入社員たちが歌えるというのが貫禄だね。
車の中も含めて、いい日旅立ちを耳にしない日のほうが少ない。

午後に、本を読むために太田原のデニーズまで。そしてお店を出ようと思った時に、『只野さん』と呼び止められた。数年前によく顔を合わせていた人たちだった。ひとときの時間テーブルで過ごして、帰ってきた。
今、7時20分くらいで、BS日テレでは『地球劇場』放送中なんだけど、ドラえもんが流れているうちのテレビ。多分8時には終わるだろうから、そうしたら追いかけて見ようかな。
2017年04月07日
 今日は7日だよね。4月に入って一週間過ぎたね。
この4月から、ささやかな体制が変わった人がいそうですよね。

 少し…状況が変わるのかなあ。小学生の将来なりたい職業ランキングに0.5%の子たちが『ユーチューバーになりたい』そうで、その平均年収が747万円と出ていて…ありえないね。いったい、誰と誰の平均収入から計算したんだかね。ものすごい売れている数人の平均でしょ、そんなの売れているお笑い芸人の平均年収みたいなもので、比較参考にならないよね。
 それに、おそらく再生に対して企業がお金を出さなくなる…と思う。小学生に人気って言っても、スポンサーは何かが売れたりしないと、お金を出せなくなるでしょう。大人向けのコンテンツなら、企業もメリットあるけどさ。
 テレビの子ども番組のCMは、子どもが欲しがる(おもちゃとか)ものや、一緒に見ている家族の大人に見せるCMでしょ。でもユーチューブって家族では見ないと思うし、今は出始めだから企業も投資しているのかなって思う。
 ほら、ホームページが出始めた頃は大手の企業がバカみたいなコストかけて作ったりしてたけど、今はちゃんと実績だせるものじゃなかったらねえ。個人の趣味的なHPは別としてもね。なのできっと製作費がすごく下がっていると思うんだよね。

 そんなのね、『主婦のやっていることを金銭に置き換えたら(すべて外注したら)年間千何百万円になるよ』という話しと一緒で、すべて…クリーニング、ハウスキーパー、ケー婦)がそんなに年収が高かったら、誰もがやるよね。やらない、やれないってのは、そんな需要がないからだよね。
 半年くらい前まで、息子のスバルも『ユーチューバーになりたい』なんて言ってたけど、最近は口にしなくなった。よかったよね。
 
 要は、今誰もが向き合わないとならない問題で、マネー→ムニーへの変換、意識変換を含めて取り組まないとならないんだろうね。
 ほら、波動とか意識がどうのって言っている人でも、耳を傾けたくない人が多いでしょ(笑)。でもそうなんだと思うな。

 昨日は、大家さんから電話があって、新しい契約書持って行きますね(ハンコを押してね)とい電話がありました。契約書の期間が昨年の12月までだったそうで…過ぎていたんですね、なんともアバウトなのでね。

 何をしてマネーを得るのか?そして何にマネーを使うのか?
 そして、マネーを得ていたのをいかにムニーからのエネルギーに変換するのか、得たマネー(もしくはムニー)を、ムニーの方向に使う変換をしていくのか。
 たくさんのマネーを使うことに慣れてしまった人は、きっと変えたくないんだろうなあ。

 どう生きるかを決めるのは自分だね。

 いつもね、どうでもいいことを書く連ねているけど(谷村新司とか、どこ行ったのかんのってね)。

 波動の法則実践体験報告の在庫がラスト1になったので、発注しましたよ。どーんと来ます(笑)。でもこの本は重要だよね。
 ははりさ、ムニーの使い方として、ここは…切らせないようにしよう。

 
2017年04月05日
届いたので聴きました。

谷村新司 45周年記念アルバム「STANDARD ~呼吸(いき)~」
http://www.tanimura.com/news/article-8183

3枚のCD(+DVD)、CDには全部で47曲入っていて、47曲中28曲が新しいレコーディング。15曲はアリスのライブ盤からのもの。
 新しい曲の歌詞をすべて入力して…と言っても、歌詞の文字量は多くないから。

 
 谷村楽曲、アリス楽曲(ライブ盤より)、日本のスタンダードナンバーと3枚の構成で、一般的に谷村の歌はだいたい入っているけど、中でも2002年の『流星』を…だいたいレコーディングは地球劇場の収録と一緒にだね、これは去年某O氏の悲報を受けた時にうちで流れていた歌だね。そして『最後のI Love You』、『忘れないで』が光ってるね。
 スタンダードナンバーからは、少年時代(井上陽水)、レイニーブルー(徳永秀明)、木蓮の涙(スターダスト☆レビュー)、そっとおやすみ(布施明)、夢の途中(来生たかお)…などなど、それに…谷村ナンバーだけど他の作家さんが作ったからか、『Far a Way 』。そしてリチャードクレイダーマンと、曲交換した『アデリーヌ』『幸せのサプリ』など…いいですね。少年時代とレイニーブルーはオリジナルよりもこちらのほうがいいような気がします。

 
 
2017年04月05日
 昨日の日記の『おめでとう』の続きというか、続きじゃないんですけどね。


足立幸子『あるがままに生きる』204ページより

 これから皆様の意識が変わってきて、欲がなくなって、奪い合いではなくて、分かち合いになっていったら、争わなくなるのですね。
 そうしますと、これから要らなくなる業種がたくさん出てきます。

 変わる時には一気に変わりますから、もう時間の問題と言ってもいいかもしれません。
争わなくなったら、警察いらない、おまわりさんいらない、裁判所いらない、弁護士さんいらないという感じになりますね。
 結局、心が病気をつくっているわけですから、皆様がなやまれなくなられてストレスがなくなって平安な気持ちでおられたら、病気なんかつくり出さないですから、お医者さんいらない、病院いらない、保険会社いらないと、いらない業種がたくさん出てきます。
 それに代わって必要になる業種もたくさん出てきますが、現在は、いらない業種がたくさんあります。





 こんなふうに書かれています。

 頑固な方は、どうせね、揚げ足を取ったり、自分の自我ゆえの疑問が出て来るのでしょうから、それは勝手にやってて頂いていいと思います。

 当時、20年前も『水道水がいいよ(浄水器やペットボトル水と比べて)』と言われていたのだけど、とある浄水器を販売していて人は(その浄水器は特にNGの一つだった)、『うちの浄水器はとてもいいんだから』と言っていました。何度も何度も足立さんの話しは聴いていて、たくさんの人に伝えていた方だったんですけどね。
 まあさ、なんだかんだと理由を作るんですよね。『足立さんの言うことがすべてではない』とかね。そりゃそうだけどね。足立さんがすべてではないけどね。

 なので…これから必要ない業種にわざわざ目指そうとする人たちもいたなあ。
 
 ともかく、こんなことが書いてあったよね、っていうお話しでした。前の日の日記の友達が何をしていたかって?本のなかの職業のひとつでした。クビになるというので『おめでとう』でした(笑)。
 他の人にはもちろん、言わないけど、よくよく知っている人なので、こう言ったわけですからね。さすがに…あまり知らない人には言えませんよ(笑)。






2017年04月04日
 昔、若いころのよく知る人が、『それはもう、これから調和がとれていったらなくなってしまう職業だよなあ』というのをやっていた。昨年から再三そのことは伝えていたんだけどね。ほら、縁のある人だから、そうするだけで、そうでもない人だったら、やっててもいいよと思うようなことです。

 その方から、夕方電話があって『翔太さんの野望通りになるよ』と。(笑)。
 なにがね、野望通りだ。バカたれだねえ(笑)。
 そしたほうがいいよ、って言ってるだけで、『野望』ではありませんからね。

 その会社の上司に呼び出されて、くどくどと…そして結果的にクビになることになったらしいです。

 これは、『おめでとうございます』です。

 本来は、新しいサイクルが始まり、さらに先の学びが始まるよって時に『おめでとう』らしいのですが、今の社会では自我と欲を増幅して、そういう状態の時に、(卒業~、昇進~などね)『おめでとうございます』と使うようなのです。

 言って見れば、『自我と欲を増幅されて、おめでとうございます』ということみ

 染之助染太郎が芸としてやっているのは、まあ芸のひとつなのでね(笑)

 今回のは、もう未来にはそういう仕事がなくなるって、なくしていく必要がある、(今は必要)わけだから、『おめでとう』で正解なんです。

 今後、どういうふうになるのかが楽しみですね。

 もしかして自分もかな?とココロ辺りのある方は、現実と本質の調和をとりつつ、出来ることから決心していくといいんだと思います。
2017年04月04日
 発振すると、自分一人もしくは今までのメンツでは出来ないことが、なんとか出来るような人が出てきてくれたりする。なんだか驚くね。時空はアレコレと準備してくれる。
 思いついたことは、まずやってみよう。
 出来ないかも知れない、それでもいいやと、でも最善を尽くす。必要以上に期待せずにやってみる。我が家のことは…これは人と関わらない人はどうしようも、それでも時空がサポートしてくれているはず。それに同調するかどうかは本人次第だなあ。
2017年04月04日
 先週あたりから、細かいアレコレが起こっています。本当にね、些細と言えば些細なことばかりで、結局ね、エゴに基づいた主張のモノ事だったりします。
 ただ、それに干渉波を受けている僕(たち)も、そこから学ぶことがあるので、体験しているわけです。
 この事に関わっているすべての立場(主導、受け身、間接的関与もろもろを含む)が学ぶ必要があって、今ね、数人で体験していることは『時空の縮図』(大げさですね・笑)のようなものです。
 僕の立場は、どちらかというと主導側というか当事者であり、渦中にいるわけですが、意外と楽しい(アレコレ考えると大変なんだけどね)んです。なんだかさ、ボディを失くしたエクサピーコが応援してくれているようでもあり(ボディを持っているエクサピーコもね)、ああなるほど、こういうふうにやると、こういうふうに…彼はこういう状況でおそらくもっとキツイことを体験していたんだなあなんて思ったりしています。

 僕の子どもの頃からの感覚で、日記にも再三書いているのですが、父親が感情的に怒ったことがほとんどなかった(叱られたのは年中です)のと関係していますが、目上・年上の人が買の情的になるなんてありえない、というもの。反対に年下から年上の人にはいいという(笑)、一見わけわからない感覚を持っています。簡単に言えば、下の人がモノ申すのは良いけど、上の立場の人が同じようにやったらパワハラだという、今の言葉で言うとそんな感じですね。
 でも、いかにも『あいつ怒ってバカだよね~』という態度と発言はいいんです。だって、周囲からもそうちゃんとわかるでしょ?

 読んでも、いったい何を書いてんだかわからない、そう読んだ人が思ってOKなんですよね。この日記は。
 ほら、自分で考えて、空想(妄想ではなく)する余地があるのっていいでしょ?

 しゃべることも、書くこともたくさんあって、長い。と言われます。
 先日の(好評なので次回もあるらしい)関ジャニの番組に谷村新司が出て、要約すると、今の歌の詩は言葉が多すぎる。昔の歌や谷村の楽曲は字が少ないから、聴く人が自分で想像する余地がある。というもの。
 小説ではなくて、ポエムのようにしていきたい(しゃべりもね)、って思っても、ついついあまり要らないディテールに凝ってしまう。誤解なく相手に伝わるためって思っていますが、言葉の文字数と比例ではないんですよね。チャンチャン。
2017年04月03日
 よいもの(よいこと)だからとしても、何も伝えずに…というか、本人の自覚なくて、家族だったとしてもプレゼント(もしくはやってあげる、やらせていただく…でも・笑)するのととしても、難しくなっているみたいだよね。
 結局、『自ら』ということが大切なんでしょうね。その『自ら』が欠落しているのに、行動できる環境や状況を作ってあげても(もらっても)、何かをプレゼントされたとしても、それだともう難しいみたいだね。 

 僕も、今までは家族・家族じゃない問わず、そうしてきたこともあったけど。もうやらないかなあ。
 
 本人の決心というか、決めることが最適だね。
2017年04月03日
 自我と欲をいままでのように、継続できる環境を作ろうとすると、これは…キツイだろうなあ。不必要最大限ではなくて、必要最小限でいいや、と意識変換(考え方を変える)をすることを個人も会社も、社会も必要なんだろうなあ。 ヤマト運輸の過労働問題も、結局一人ひとりの『不必要(大して必要じゃない)なモノの購買』からだろうし、どの業界でもそうでしょう。行かなくてもいい旅行など…旅行がダメって話しではないんですよ。そういう積み重ねが一人ひとりを切迫させているって話しです。

 何が必要で、何が不必要か?
 人それぞれによって違うよ、というのは一般論で、それを自然の仕組みに適っているかどうかという視点で感じられるセンスが大切ってことですよね。

 とは言え…最近僕も、これは本当は要らないだろうなあってモノを通販で買ってしまった(笑)。その頻度…頻度が少ないのならいいということでもないけど、一つ一つのモノ・事に対して、『必要度』を感じてみることは大事ですよね。

 ほら、あるがままに生きるにもさ、必要ない職業がたくさん出て来るって言われているでしょう。でも、それを今は必要としている社会ってことは、ああ未熟な文化を自分たちが作ってしまっているんだよね、と自省しようかな。
2017年04月02日
 あ、別に自転車のことではないよ。
 料簡の狭い人のペースに乗らない。乗ってしまうと自分も同じ感じになってしまう。
 ハートチャクラは忍耐と比例みたいな感じか。僕もね、かなり感情的だね、急上昇乱降下(笑)。

 でもね、意外と思っている以上に忍耐力…かはともかく、そういうことは出来ているほうかなって思います。(どうかな?そもそも自分で言うことじゃないけどね)
«前のページ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | ... 23 次のページ»
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス