ホーム店長日記
店長日記
店長日記:487
«前のページ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | ... 25 次のページ»
2017年05月01日
 ふと、こんなデータを集計したら面白いだろうかな。と思うことがあった。
 でもね、膨大な資料のなかからそれぞれの数字をピックアップするのは大変だと思いました。

 試しに…北海道、青森、岩手、山形、宮城、福島の一部をデータを見ました。(少ないだろうと思ってね)ですが、小一時間で疲れ果てました。これが…首都圏などの地域だったら、もう大変です。
 大変と思うと、取り掛かれないなあ。でもさ、会社員の人たちはもっと過酷なことをしていると思えばできなくないかなあ。

 どこかの(と言ってもデニーズかガストだろうけど・笑)ファミレスでテーブルに広げて、テクテクとやっていくしかないかなあ。

 その内、やりたくなったらやろう。
2017年04月30日
 2002年の『波動の法則の実践』講演会DVD http://harmonylife.ocnk.net/product/258 を見ていて。
 今の文化でいう『幸せ』は、自我と欲を拡大したこと。

 そうだよね。はっきりと講演会でも言っているじゃないか。









 『私は幸せになっちゃいけないのかなあ?』という声を時々耳にします。

 何を幸せと意識するかどうかなんだろうなと思います。

 人が生まれて、どんな人生で学ぼうかってエクサピーコがプログラムして、そして生まれて来るわけでしょ。僕らの顕在意識はそんなプログラムを忘れてしまっているから、自我と欲を追窮してしまう。

 ときどきね、『波動の法則』と検索すると、引き寄せの法則関連がたくさん出てきます。ものすごく端的に考えると、

 低い振動波(自我や欲)で発振すると同じような自我と欲の振動波を受振して、同調する。ということだよね。
 だから、間違っているわけではないけど、『低い状態の波動の法則』というわけですよね。

 自然の仕組み、(=波動の法則)は厳しいから。厳しいというのは本質的なサポートで優しさなんだと思うけど、どうしても厳しいのはイヤになって、自我の自分が都合のよい別の方法を模索してしまう傾向があるのかな。
 基本的に精神世界とか面倒だなって思うけど、『波動の法則』は精神世界、ないしはスピリチアルとは違うなって思う。

 自分の好きな道、方法があるから、好きなのでいいんだよね。たださ、本質の方向で実践していくのが面白いかな。
2017年04月28日
 本日、一部の方に向けたキャンペーン最終日でした。
そのせいか…朝から電話を頂きました。以前もご注文を頂いていた方だったのですが、住所などを探すよりも、電話で今話しているんだから、訊いちゃったほうが早いよね。ということで、住所などを確認していると…。
 全然別の方なのですが、その方からはだいたい月に一度くらい注文をしただいています。そして今朝製品が揃って、宅配伝票を書いたばかりでした。

 なんと!電話で、住所を聴いていると、何やら頭の片隅にあるマンション名が出てきました。思わず、『〇〇さんのマンションの別の方に今日発送するために伝票を書いていたばかりなんですよ』と話してしまいました。このくらいはね、個人を特定できないし、問題ないレベルだと思うんですが。そう、同じマンション同士のお宅に今日それぞれ発送します。
 こういうふうに、時空は面白いことを仕出かしてくれます。
 これが、数週間違っていたら、僕もマンション名を訊いてピンと来なかったかもしれません。なんだか楽しいですね。
 あ、それぞれ…同じマンションの方だったとしても何もビンゴの賞品はありませんから(笑)。よりよい交流が始まるのかも知れないし、何もなくお互いを認識しつつ、今まで通りの暮らしになるのかも知れない。

 うちは、変わった通信販売だなあ。と改めて思いました。
注文くれた方に電話をしちゃう(今回はキャンペーン希望の方には『電話ください』とメールしたけど)とか、だいたい今の世の中は世知辛いというか、『人と会話したくない』という人たちが多くて、当たり前のことが出来ないような社会になっているでしょ、そういうのってイヤだなって思うんですよ。
 通信であろうがなかろうが、販売っていうのは、製品を分かち合うのが基本だし、『人と会ったり話したりするのがイヤだから、ネットで通販で、クレジットカードとかを使う』という方向性と真逆ですからね。
交流というのは、不調和から調和の交流までありますが、調和のとれた製品を分かち合う(生き方も、ってなっていくのかなあ)ことを出来る同士での交流が、少しずつでも、出来る人たちから始められたらいいなって思います。無理するつもりはありませんよ。僕はだいたい無茶ですが(←なので各方面から叩かれる…こともある 笑)。ガンダム(宇宙世紀シリーズ)で言うと、第13独立軌道艦隊→ロンドベルという感じでしょうか。

 多分…今までのハーモニーライフの通販を利用して頂いた方は2500人くらい(実数はわからないし、一度キリの人も多い)。日本の人口が1億2000万人いるとして、確率は48000分の一。該当の自治体は40万人以上住んでいる、だいたい日本の人なら聞いたことのある市町村。でもさ、40万人いても(その市から注文頂いたことのある人はそれなりにいる)2/40万人としても、かなりの確率ですよね。
こういうね、時空が繋いでくれている話しって時々あります。


 夕方、雷が鳴った。集荷に来た郵便局の人の話しだと『シャープ(の工場)の方は、雹が降ったみたいですよ』と言ってた。小学校から『迎えに…』っていうメールが来るのかなあ、と思っていたら、4時半くらいに来た。仕方ないというか迎えに行くかあ。
 スバルを乗せて、駅前まで行くことにした。こっそり花壇に水まきを一緒にやった。

 子どもの迎えを挟んで、2002年の『波動の法則の実践』講演会DVD http://harmonylife.ocnk.net/product/258 を見ています。これは久しぶりに見たけど、面白い。~明日へ続く。


.
2017年04月28日
 どうでもよい話しなんですが、ファミレスにいると色んな人たちがいます。若い女性と40-0代の男性の…妙なことを期待する内容ではなくてね(笑)。若い女性と言っても多分30代前半くらいかな。何かの契約をしているようなのだけど、こういうのって保険関連なのかなあと思っているのですが、営業らしき男性が『では、いつから始められますか?』などと確認している。いったい、何の契約なんだろうか?
何かの仕事(派遣とか?)などの契約だったら、『いつから』というのも解るんだけどね。男性の営業の人はiPadみたいのも取り出して、女性は契約書らしきものを書いている。うーん、知ったところでどうでもいいことなんだろうけど、気になる。
 『翔太さんは人に興味あるから気になるんだよね』と言われてしまう。
2017年04月28日
 何本か夢を見ていて、昨日の夜に来たメール(これは本当)に返信していたりと…。
 夢の中で逗子の海岸近くで、ちょっとしたハイキング道のようなところを、Aさんと他数人。なぜか小島よしおがいて、歩いている。佇まいは同じなんだけど、内装が違っていてね。小島よしおは海パンだった。でもとてもいい人だった。

 朝起きて、『あれ?このメール返信したよなあ』と思ったけど、パソコンにもスマホにも送信の記録がない。返信していたのは夢の中だった。
2017年04月27日
4月30日12時から
BS日テレ
地球劇場の再放送。
前回、録画が途中で終わってしまったので、今度こそね。



♪陽はまた昇る(新録)
♪遠くで汽笛を聞きながら
♪今はもうだれも
♪サライ 谷村新司×加山雄三
♪いい日旅立ち 谷村新司×森山良子
♪秋止符 谷村新司×岩崎宏美
♪チャンピオン 谷村新司×さだまさし
♪冬の稲妻
♪昴
♪群青(新録)
♪妹 谷村新司×南こうせつ×伊勢正三
♪レイニー ブルー 谷村新司×德永英明
♪落陽(新録)
♪ロンリー・チャップリン  谷村新司×鈴木雅之×鈴木聖美
♪万里の河 谷村新司×Chage
♪スタンダード(新録・新曲)

 ほとんどが、この三年の中で収録したものだけど、少しだけ今回の放送のための楽曲があるね。 
 なかでも、徳永英明との『レイニー ブルー』がいいね。落陽は、CDと一緒だろうけど、映像と一緒のほうがいいかなあ。
2017年04月26日
 足立さんの講演映像が出てきた。持っていたことを忘れている。『地球に集う魂ー今進むべき道』って、このタイトルさ、昔昔、企画した時に米原君が思いついたんだよね。そうなんだけど、仰々しいというか(笑)、ま愛さんに確認して、きっと足立さんにも確認していたと思うんだけどね。
 
 ほら、アレです。愛さんに頼まれたことをやらないで、大井町をふらふらと歩いて、きゅりあん(大井町の公民館)の使われてない人を教えてもらって、予約しちゃったという時のですね。

 まだ、波動の法則の本は発売される前だったよね。通して観たのですが、多分、販売中の96年の波動の法則発売記念の96年4月29日の講演と大体同じ内容かなあ、と思います。DVDのよみうりホールのはちゃんとした撮影がされているからライティングもいいよね。
2017年04月25日
 床屋に行ったら…『ゴールデンウィークは何処に行くんですか?』と。何も…その後のことをアレコレと頭で駆け巡っているからねえ。それにしても髪が伸び放題だった。
 そして、その後に秘密の任務(笑)に。連休が近づくと、栃木北部はトコロドコロ田んぼに水が張られている。この季節の風景が好きだな。別にどこに行くもなく、水が張られた田んぼは、他の畑の風景と一味違う。暑い夏にこの田んぼがあるから、気化熱で涼しくなる。
 
 宇都宮まで行く間に、だいたいいつも通る辺りなんだけど、ガソリンスタンドがあるんだよね。ここが今日の秘密の任務だ。ただ単に、ガソリンを入れているだけに見えるけど、知ってしまったということは意味があるんだよね。これはさ、やらなけりゃならないんだろうなあ。その次いで…に片岡の辺りも観ておこう。後は野に咲くタンポポに託そう。

 見てしまった、知ってしまったというのは、意味があるので、思い立った方は、観じた通りにするといいですよ。

昨日から何度も繰り返し聴いているCD『輪舞(ろんど)』
1989年の、…ずっと前に買っていたんだけど、封を開けて。

その中から、『約束のパレット』

風に逆らい乍ら 歩く想い出の街
次の角を曲がれば 約束の店の扉
画家や芝居をめざす 若者達の汗の
中に埋もれて聞いた あの頃の二人の歌
誰も信じてた 必ず俺達は
結ばれて幸福に 暮らすはずだと
Just a Memory 忘れならない Melody
忘れられないあの店の あの時のラヴソング

2017年04月24日
 国道4号線、言わずと知れた日本を代表する幹線道路の一つだ。日本橋から青森まで、高速道路の東北自動車道と並ぶ、東日本・東北地方の大動脈だ。
私の矢板付近ではだいたい片側二車線。そうファミレスガストはここにある。今日お店に来たときに、店員のひとりの人はこの国道4号線を渡っていた。近くに歩道橋や信号などない。彼女はいったいなぜ?道の反対側に一人の女性がいた。多分、お店でなんらかの忘れ物をしたようだった。そのオバサンもよくまあ、国道を渡ったなあ(笑)。
 忘れ物、もう一度オバサンが国道を横切るのは至難の業だったのか。店員さんは何かを彼女に渡しに行った。
 ここまで、…飲食店のホール係がここまでするだろうか?
 見ていて気持ちのいい対応の人だ。

 さて、そんなこんなしていると製品の注文があった。ルイボスTX。ルイボスティの粉末だよね。でもちょっとだけ違うんだけどね。ルイボスティの薬効効果の高い上澄みの部分を粉末にしたものだから、実際には単純に『ルイボスの粉末』というのとは違う。で、注文下さった方とちょっと話してみると…『前回ハーモニーライフさんの連絡先が見つからなくて、違うところの『ルイボスTX』を頼んじゃったのよ。でもこちらのTXは美味しいのよね。』と。
 話しを聞いてみると、どうも同じ丹羽博士のルイボスTXのようだった。しかし、なぜ違うのか?
 『もうそんなの決まってるじゃん、なに只野君、もったいぶっているのよ~』という声が聞こえて来そうです。当然なんですが、パッケージが足立幸子さんのだからに決まっています。件の方には『自然の仕組みを学ぶDVDを見てみませんか?』と提案したけど、『私はそういうのはいいの。私も娘も花粉症にTXがよくて、飲んでるのよね。』と。
 自然の仕組み~のDVDを見ても、なぜ美味しいのか?なんてわかんないんですけどね。知ってても知らなくても、どちらでもいいんです。

 そして調べたら、こちらの方の最後のご注文は2013年2月でした。4年ぶりですね。でも美味しいルイボスをお届けします。見つかってよかったですね。

 ショッピングカートで来る人、直接連絡が来る人と様々です。ショッピングカートはきっかけですね。ほら、『ここにいるよ』というアンテナというか、ライトハウス(灯台)のようなものです。見つからなくなったときの灯台です。

 さっきの、国道を渡ったオバサン、どこに行くのだろう。道の反対側にはブックオフとマツダ(車の)お店しかない。道の東側はほとんど何もないんだよなあ。国道4号矢板付近は不便だよね。信号などがほとんどない。向うに住んでいる人もいるけど、不便そうだな。
2017年04月24日
世の中クレームだらけで、はっきり言って大したことないことでも怒っている人がいるね。
先週からふたつあったことなんですが、取引先の会社から間違ったモノが送られてきてしまった。しかも伝票にキチンと書いてある(笑)。おいおい、勘違いだよなあ、って思いながらも、『まあいっか』とそまままにしていた。一応ね、こうだよ、っては話したけど、それでいいよね、っていうことです。
それは、年に数軒の注文のものなので、どうやって資金を回していくかというのはいつも考えることなんですが、これも意味あることだろうなと思っていたら…数日して、その間違って届いてしまった製品のオーダーがあった。

そんなものなんです。

なので、細かいことにカリカリしたり、目くじら立てたりしないで過ごすのが一番だね。

仕事なんて私には関係ないもーん、という人でも、レストランでオーダーして、自分が頼んでない料理が出てきたら。どうしても苦手な食べたくないものだったら別(あと量もね)ですが、まあそれでいいやって思っちゃうことですよね。
今は、なんでも間でもクレームを言いたがる、きっと仕事や日常でのストレスがひどいのかもしれないけど、もっとさおおらかで適当に暮らすのがいいですよね。
この一週間で、食事をしていて、二回も同じようなことがありました。頼んだものは出てきたんですけどね。どういうことかというと、お会計の時に金額が安かったんです。一つはチェーン店で内容を修正するのは大変らしく(きっとね)、そのままの金額でいいということでした。もう一回は、伝票が安い料理になっていて、そっちは正規の金額で払ったよ。

機嫌よく、毎日過ごしてくださいね。機嫌悪くしていてもいいことなんてだいたいないですからね。
2017年04月23日
 自分では、『こんな一言は大したことはないね』と思っていても、何だか一部では影響力があるみたい。発言には気を付けよう。でもね、思ったことをポロっと言っちゃうんだよね。
 反対に、言えないことも…本当はこうだけど、言えないなあって時もあるんだけどね。

 ある特定の、その時・その人に対しては『こう言おう』と、すると、言葉だけが走って行ってしまう。
 そう、たとえ話が通じない人がいるのも事実。
2017年04月22日
アルバムスタンダードから。
スターダスト☆レビューの名曲、『木蓮の涙』

木蓮の涙
作詞 山田ひろし 作曲 柿沼清史 編曲 石坂慶彦

逢いたくて 逢いたくて
この胸のささやきが
あなたを探している
あなたを呼んでいる

いとしさの花籠
抱えては 微笑んだ
あなたを見つめてた
遠い春の日々

やさしさを紡いで
織りあげた 恋の羽根
緑の風が吹く
丘によりそって

やがて 時はゆき過ぎ
幾度目かの春の日
あなたは眠る様に
空へと旅立った

いつまでも いつまでも
側にいると 言ってた
あなたは嘘つきだね
わたしを置き去りに


物悲しい曲だけど、なんとも言えない。日本のスタンダードナンバーだね。
2017年04月21日
 どこかね、『自然の仕組みを楽しみながら体験する会』で使える会場はないだろうか…え、初めて目にする名まえ???という方もいますよね。今までにお買い物などをしていただいた方たちにお知らせはしているのですが、いわいるインターネット上に名まえを出したのは初めてなので。別に秘密にしているわけではありません(笑)
 一般的には貸会議室とか、そういうトコロですね。そりゃ、世の中にはたくさんあるのですが、レンタル料があまりかからずにいい感じの場所は公共施設で、そもそも予約をとるのが難しい。コストが高い場所はあっちこっちにあるのですが、高いよねえ。
 そして、できたらある程度は調和のとれた空間がいいなあ。もう、ワガママなんだから!(笑)

 今のところ、2月、3月(これから五月13日)に開催して、十数人の参加者数ですが、15-20人くらいで使える空間があるといいのかなって思っています。
 別にね、貸会議室などでもなくて、気持ちいい感じの飲食店なんかでも開催が可能かなあ…『うちのお店(一部でも)使っていいよ』なんて言ってくれる方がいるといいなあ。みなさんが来やすいように首都圏の行き来しやすい駅の比較的近くがいいなあ。もうね、ワガママですね~。今のところ土曜日の午後の時間帯に行っています。要望がありましたら、他の曜日や地域での開催もいいのかなって思っています。
 参加していただく方は、自然の仕組みを真剣に生きて行こうという気持ちを持っている方となります。(細かいアレコレはあります)
 参加希望の方は、参加希望の連絡を頂いた後に、他の方の参加状況(人数の上限など)を考慮して、ご参加頂く形となります。
 案内のメールが欲しい方は、連絡下さいね。その時には、ちゃんと名まえや電話番号、住所も併せてお知らせください。
2017年04月20日
 後で、加筆するつもりですが、『情』だとダメなんだよね。
 僕の問題点は情がひとつだね。


 お昼頃に加筆


 ついね、情にほだされてしまう。これっていい時となんともなあ、という場合がありますよね。去るものは追わず、来るものは拒まず(笑)。いやいや、選んでいるような立場じゃないのでね(笑)。それは冗談として、若いころからそうだったと思う。
 ものすごいクールで、最近言うクールではなくて、『冷たい』ってヤツですね、聖戦士星矢で、キグナスの氷河が師匠のアクエリアスのカミュより、『クールに徹しろ』と指導されて、冷酷でなくて冷徹、うーんカッコいいなと思うんだけど、なかなか現実はそうもいかず(自分次第だね)。
 若いころから仕事してて、ほら、それが出来ない人っているでしょう、本人が諦めるならそうだけど、ほとんど自分からは投げ出さない。…というケースが多かった。わずかだけど、『これは、無理だ』と思った人もいたけどね。
 こういうのって、情なんだろうかな。

 その頃、四つ上の先輩のSさんがいて、Sさんはかなり変わった人で、AB型……。
 あ、AB型がいいとか悪いとかじゃないんですよ。今はどうしているんだろうか?高校が一緒なんだけど、ほら4学年違うと掠ってないんですよね。高校の時のバイト先のリベルテで会って、これもね、掠っていて、一緒に働いたことはないんです。
 微妙に超能力的なものを使えてね、あ、興味と感心を誘ってしまったかな。当時20歳くらいだったけど、30代後半くらいに見える外見、口ひげを生やして、オデコが広い、若い頃の谷村新司的な(笑)で、軽い登り坂で、前の車に軽くわざとバンパーを当てて、前の車に『ちょっと下がってきてるよ』と脅す。脅しても、別に恐喝するとかじゃないよね。そのまま相手を解放する…そもそもね、前の車の人は悪くないよね。もちろん、へこみとか作るような悪戯ではない。
 昔さ、『代官山で足立幸子さんって人のお話しあるから、来てよ』と言って、来てくれたこともあったなあ。

 こでれだけ書くと、Sさんは怖い人なのかなって思われてしまうだろうけど、そうじゃないんだよね。
洞察力に優れていて、Sさんがいろいろと教わっていた、当時70代くらいのオジイサンがいて、その人は自分のことを鼓輔(こほ)という、ペンネームみたいのを持っていて、要は太鼓のように叩いたらそれ相応なことが返ってくる男なんだよ。ってことらしい。
 で、Sさんは、それに対して自分鏡輔(きょうほ)だと。目指すって意味だったろうけどね。太鼓は叩かないと音は返って来ないけど、鏡は叩かなくても目の前に来ただけで相手の姿が映る、そんな男になりたいと思っていると言ってた。そもそも…鏡は叩いたら壊れちゃうけどね(笑)。

 その時に、そんな関わりのメンバー(僕が一番年齢は下だね。大体平均年齢は5歳くらい上だったか)で当時作ったの『おせっ会』という会だった。何をするというのはなかったけどね。

 もちろん、大人になってからも…話しを聞いた人が引いてしまうような…そんな人間ですが、YOYOの愛さんら、お世話になりました。他のね、会社だったら社長たち怒りまくりだね。だからってわけじゃないけど、年上の人間は寛容になってるはずだというのが根強いな。(Sさんのように坂道で前の車に当てることは忍耐と何も関係ない。真似しないように!いや、してもいいけど、自己責任でね)
 逆に、自分よりも年下の人には、『好きなようにやったらいい。そんで体験したらいいじゃないの』って考えるんだよね。

 そういう環境の中にいたからか、こういう性格を形成された一旦なのかも知れない。
ともかく、情は本当は違うんだよね。

 でもさ、違っていたとしても、それがデビックになることだってあるんだから、いいんだよ。と、自分を正当化する。

 ほら、『またさ、いつも文章が長いんだよね~』と心で思いながら、読んでいる人が、モニターやスマホの向こうにいるね。長くなりました。すいません。




2017年04月19日
 こんなことね、書こうと思ってなかったのですが、あまりにも面白すぎたので(笑)
 担任になったF先生は、幼稚園の最後の時に小学校の案内?のように幼稚園に一日やってきた人でした。でも今まで1年生から五年生まで、まったく学年に携わらないようだったのです。
 で、何の授業だったかというと、来月にある修学旅行のガイダンスレクチャーで、二クラス合同(70人くらいか)でやる時間だったようなのです。
 そして、F先生は法被を着て、ツアーコンダクターの修学(しゅうまなぶ)と子どもたちの前で名乗り、二日間の予定をスライドを見せながら説明していった。
 初日は東京で、浅草寺とスカイツリー。泊まるのは横浜で、山下公園で夜景や氷川丸を見ると…。そこで、この船の名前がわかる人!何とか丸です、ということで、子どもたちの一人が、 『五郎丸』と、それが出るとは思わなかった。次いで、他の子が『真田丸!』・・・なかなか面白いね。
 山下公園も懐かしいなあ。

 で、二日目は鎌倉。ここは班に分かれて子どもたちだけで計画を立てて行動するという。これも行きたい場所を決めるのに、スライドを映しての説明。面白かったのは、『閻魔大王って知ってる?地獄に落ちたらなんと買ってアレです』と、かなりアバウトな説明でいいですね。
 由比ガ浜。鎌倉には海があるという。ほら、栃木県の子どもたちは海を見たことが無い子もいるのだろうか。あ、去年の臨海教室で茨城が海にみんな行ったんだよね。で、由比ガ浜は遠いから行きたい班は(他にどこも行けなくなるから)覚悟して歩いていくようにって。鎌倉での行動は食事をどうするか、切符を買う(江ノ電などでの移動の子たちは)のも、全部自分たちで考えてやるらしい。

 なかなか面白そうだね。しゅう・学ぶさん楽しいレクチャーをありがとうございました。

 さて、うちのスバルは鎌倉はどこに行ってくるものなんだかね。逗子は何度か行ったけど、その近くなんだよね。

2017年04月19日
 今までにお買い物して頂いた方(連絡のとれる方)に、メールで案内を送信しました。
2017年04月19日
 個人の方も、事業運営に携わっている方からも、このところ『損得で考えてしまう』というのをよく耳にしてしまいます。これはメッセージもあるのだろうということを踏まえつつ。
 今の状態とはまったく違うのだろうけど、20年以上前の頃は、どんどん気づいて決心していくような企業が増えて行く、という時代でした。(これも今は違うんだろうけど)F総合研究所に関連していた企業さんのなかには、本当に決心していた会社が少なからずあったのだろうなと思います。
 そういう意味で、会社を運営しながら、調和の方向へ決心していく人というのは本当に素晴らしいなと思います。何もしないで…何もしないでというのは、本当に何もしてないという意味ではなくて、経営やお金のことを考えなくていい状態であったら、いくらでも、いいことを言ったり出来ちゃうんですよね。でもそれを日々の運営、顧客とのやり取り、取引先とのやり取りや資金のことを把握しながらやっている。ということ。
 これは…この10年くらい(笑)流行っている『引き寄せの法則』とか、アレじゃないんですよ。引き寄せの法則は…本屋さんでたくさん関連の内容の本が売られていますが、パラパラと立ち読み(わざわざ買うようなモノではないと思うので)したら、要は『自分の自我の振動波(もしくは低い振動波)を発振したら、同じようなエゴの振動波と同調してしまう』という内容だった。だから間違っているわけではなくて、低い段階の自然の仕組みを体感するということが書かれていて、それに同調してしまう方が買ってしまうのだろうなあって思いました。

 ともかく、『損得』から『尊徳』へ。低い振動波で得たエネルギーを高い振動波のエネルギーに変換する。これは生きている限りは役割なんだろうなって思います。え?誰の役割?それは、!って思った人の役割ですよ。

 賽は降られた。後は成るように成るのかな。さてェ(ザブングル【お笑いのじゃないよ】のナレーションのように)
2017年04月17日
 何が起こるかはわからない世の中ですが、ほぼあり得ないだろうけど…でもどうなるのかなんてわかんないけどね。

 先週のニュースで、北朝鮮が核ミサイルを発射するとか、しないとか…というのを聴いた人が、慌ててヨウ素剤を買ったと聞きました。

 しかしねえ、そんな時こそSODなんだよね。
 使ったことないけど、ヨウ素剤は時間の制約などあるよね。用意していてもその時に使えるかどうかなんてわからないですよね。

 SODは放射線を防ぐことは出来ません。
 でも放射線による体内に発生した活性酸素をコントロールすることは出来ます。

 事故現場での、急性放射線障害は、いっきに体内の活性酸素が増えてしまって、それで死んでしまうんです。そういう事態・状況に遭遇する可能性は凄く低いと思いますが。

 でも、放射線だけじゃなくて、電磁波、紫外線、環境ホルモン、たばこ…など、活性酸素を発生する原因はたくさんあります。そのなかでもストレスは一番大きいかな。

 なので、SODを食べ始めた人は(飲むではなく、食べる)、なんかわかんないけどラクになった。など感じる人が多いです。
http://harmonylife.ocnk.net/product/1

 本当は、今の私たちには必要なものなんですよね。
 


 まったく関係ない話しだけどさ、友人の一人に有り難いなと感謝の気持ちを伝えたら
『あらら どうしたの 体調悪い?』って返ってきたよ。感謝するってと、よほど体調が悪いって思われる感じなんだろうか。

 ジュポスとピシュを待ってくださっている人たち。明日発送します。ジュポスが6個だけ在庫余裕あります。しかしまあ、ギリギリでなんとか回っているよね。あちらもこちらも大したもんだよね。



 夜になって、『こんな場合は』ですね。
 外出している時ならいいのだけど、普段通りに家にいて、夜8時くらいにご飯を食べてしまったよ。夕方ならともかく、夜の8時(7時でも同じようなもんか)にご飯を食べてしまうなんで、寝る頃になって苦しくなった(お腹いぱいで)。何食べたかって…7時半くらいになってお腹空いてしまったから、スーパーで買った寿司10貫。たくさん食べたわけでもないよね。遅い時間に食事をするのは良くないね。
 本当は、8時近くなったら、お腹空いていても食べずに寝てしまうのがいいね。もしくはさ、SODを食べてしまうとかね。
2017年04月13日
 夕方、トッキュージャーの再放送があった。トッキュウジャーって数年前の戦隊ものですよ。この主題歌が当時結構売れていたと聴いたことがあるんだけど、こういう軽くてリズムが…多分打ち込みだよね、そういう歌ってあまり好きじゃないんだよね。
 そばから、『こういう疾走感があるのがいいなあ』と言われる。疾走感?ハウンドドックの大友康平とかさ、ああ(フォルテシモは別として』力強くて、こうなんていうのかな、もう後先考えない、この先どうなってでも今ココを生ききる!的な歌い方はカッコいいと思うんだけど。打ち込みじゃなくても実際にドラムを叩いていたとしても、切羽詰まった感がないのに、そういうのに疾走感は感じないなあ。
 余力を残している疾走感なんてあり得ない!って思ってしまう。別にスポ根ものは好きでもないけど、真っ白に燃え尽きて灰になってしまう矢吹ジョーのようにね。明日のジョーの歌は暗くてイヤだなあ。う?わがままだね。ルパン三世の歌(おーとこにはー自分の―世界がーある、っていうアレね)疾走感あるよね。
2017年04月13日
 僕から見ても、『無茶だなあ』と思う行動をとる人がいました。このね、無茶っていうのは、自分の常識からすると無茶だったり、顕在意識的にそう見えるだけなんですよね。
 直観に基づいて、思ったことをどうやったらできるか、現実化するか(こんな風に考えても考えなくてもいい)というのを、無茶して頑張って、頑張ってないかも知れないけど、動いていると、周囲の人はそういう行動にサポートしたくなるんだろうなって思います。
 エゴから発しているのか、本質からのものかって解ってしまうんですよね。

 人がそういう風に感じるのと同じに、きっと時空もサポートしてくれたくなってしまうんだろうなあ。
 そういう姿を見ていると気持ちいいね。
 
 でもね、大丈夫。きっと振動波がかけ離れていたら、そういう姿を見ても同調するのは難しいからね。だから『只野の日記にこう書いてあったら、無茶したんだけど、本当に無理だったよ!』と憤慨しても、どんどんやってみちゃうといいよね。
«前のページ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | ... 25 次のページ»
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス